2005年08月28日

帽子を被らない子供たち

日本だと、夏は紫外線を防ぐため、外出するとき、子供に帽子を被せることを、強く勧めていますよね。
実際に、日本の家の近所の公園では帽子を被っている親子が多かったです。

マンハッタンの公園で遊ぶ子供たちは、帽子を被っていないんです。
30人くらい子供がいても、被っているのは、ポロンとあと1人くらいです。

確かに、この公園は木陰の部分が多いです。
木陰といっても、背の高い木が植えられているので、暗くはなく、明るいです。
街中でも、高い建物が多いので、日陰の部分は多いです。

街全体で日陰の部分が多いから、帽子を被っていないのかもしれませんね。

我が家では、公園に行く時は必ず、親子ともに帽子を被っています。
直射日光が当たるところもあるし、眩しいからです。
日焼けもしたくないですしね。

夕方お買い物に行く時は帽子を被りませんが、なるべく日陰を歩くようにしています。
信号待ちの時もなるべく日陰で待つようにしているのですが、ニューヨーカー達は、肌に痛いほどの日差しがさしていても、車道近くのすぐに渡れる日向で待っています。

ニューヨーカー達は、信号が赤でも車が来なければ、みんな信号無視して渡ってしまいます。
歩行者の信号が青になっても、マナーの悪いドライバーの車が勢いよく走ってきて、横断歩道を越えたところで、やっと急ブレーキで止まったりするのです。
このような「殺人車」がよく出没するので、青信号でも油断できません。
ニューヨーカー達は、青信号で渡るよりも、車の来ない赤信号で渡るほうが安全だと考えているのでしょう。
だから、みんなすぐ渡れるところで信号待ちしている訳です。
私は、ポロンを連れて赤信号で渡るのは、やっぱりなんだか怖くて、青信号になってから、左右をよく見て渡るようにしています。

ちょっと話がそれてしまいましたね。
英語が堪能だったら、ぜひ現地のママに帽子のことを聞いてみたいです。
聞くことはできると思うのですが、今の私の英語力では、折角答えてもらっても、たぶん聞き取れない・・・
うーん、残念。




posted by ミル at 12:40| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。