2005年11月25日

メイシーズ感謝祭パレード

昨日は、サンクスギビングデー。
パレード見てきました!
それにしても、混んでました。
こんなに人がたくさんいるところへ行ったのは久しぶりです。

巨大バルーンは、9階位の高さがありました。
バルーンには、たくさんのロープが付いていてそれを人が引っ張って移動させます。
なので、引っ張り方によってバルーンの手が動いたりする訳です。

バルーンには、ドラとか、ジョジョとか(両方ともアニメの人気キャラクター)とか、クッキーモンスターとか、ポロンが知っているものがたくさんあったので、ポロンも大喜び!

PB250612.JPG

ポケモンは、英語吹き替え版がテレビでやっているので、アメリカの子供にも人気があるみたい。

PB250609.JPG

パレードのあったブロードウェイ沿いのビルに住んでいる人は、自宅の窓から見ていてうらやましかったです。
巨大バルーンの他にも、ブラスバンドの演奏があったり、チアリーディングがあったりで、掛け声をかけたりして、みんな盛り上がってました。
そんな雰囲気が楽しかった!
行ってよかったです。

でも、バルーンの操縦がうまくいかず、電柱が倒れ、それによってケガをしたりすることもあるみたいです。
今年は、誰もケガをしてないといいのですが・・・

テレビの中継もチラリと見ましたが、男女の司会者がいて、ゲストらしき人にインタビューしていて、日本でいえば、「隅田川花火大会」の中継のようでした。

パフィーは、実物は見れませんでしたが、NHKの「おはよう日本」で見ました。
(日本の皆さんも見ましたか?)
「おはよう日本」は、JAPANTVというチャンネルで、夕方5時からライブでやってます。
よく見てます。

そもそも、サンクスギビングデーは、何に感謝する日か?というと・・・・
コロンブスがアメリカ大陸を発見後、たくさんのイギリス人がアメリカ大陸に移住したものの、見知らぬ土地での暮らしは多難でした。そんなとき、アメリカの先住民族たちが、作物の育て方や狩りの仕方などを教えてくれ、厳しい冬を無事乗り越え、その翌秋には、たくさんの収穫を得ることができました。先住民族たちに、感謝の気持ちを込めて振舞ったのが、ターキーやトウモロコシなどだったそうです。

サンクスギビングデーは、日本でいえばお正月のようなもので、普段離れて暮らしている家族が久しぶりに会って、ご馳走を囲む日になっているようです。
おとといはニュースで、混みあう空港の様子が紹介されていましたが、日本のお盆や年末の帰省ラッシュの時に、東京駅や空港の様子が紹介されるのと同じですね。

そして、今日、サンクスギビングデーの翌日からは、デパートやショッピングモールでセールが行われているようです。
ニュースで見たら、暗いうちから、お店の前には長蛇の列が出来てました。
インタビューに答えている人は、寒さに震えていました。
それもそのはず、朝7時の気温は、マイナス5度!
震えるはずです。
今、朝8時半ですが、カートに山盛りの買い物した人が、ニュースで紹介されていました。

我が家は、明日どこかに行ってみようかなと思ってます。
欲しいものがなにもなかったりするのかな?
行ってみなくちゃ分かりませんが。。。。


感謝際によせて

家族が、元気で楽しく仲良く生活できていることに感謝します。

日常のなにげない生活が、幸せなんだと、改めて思っています。


posted by ミル at 22:31| ニューヨーク ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。