2005年12月19日

ポロンの英語力

1ヶ月程前のことです。
バスに乗ったとき、隣に座っていたおばさまが、ポロンに

「What's your name?」

「ぽろ〜ん」

いつも間にやら、覚えてしまってました。
これには、私もびっくり!

ここNYでは、公園で会った人はもちろん、バスで隣り合った人や、エレベーターを待っているときに近くにいた人、お店の人などが、気軽に声を掛けてくれるのです。
今までは、何か質問されると、私がポロンに通訳していたのですが、何十回も聞いているうちに覚えたらしいです。
家でも幼稚園でも日本語環境なのに、子供は覚えるのが早いですね〜。

同じようによく聞かれる質問。

「How old are you?」

ポロン指を2本出す。

「Two?」

「いえ〜す。とぅ〜。」

こちらは、まだ聞き取れないこともありますけどね。


数の数え方は、家で教えています。

「わ〜ん、とぅ〜、すり〜、ぽ〜ぉ、ぱぁ〜いぶ・・・・・・」

フォっていう発音がまだ出来ないようです。
欧米人の子供たちも、幼児期はこんな風に言ってるんでしょうか?


この間は、イチゴを指差して、

「これ、いちごべりー?」

ちょっと惜しい。(笑)


ボブは、「現地校に入れれば、すぐに英語を覚えるのに、もったいない」とよく言っています。
私は、幼児期の外国語教育に関することを、こちらに来る前も今も、本を読んだりネットで検索したりして、いろいろ調べています。
ポロン位の年齢は、言葉をものすごく吸収する時期なんだそうです。
その時期に下手に母国語以外の言語を学ばせようとすると、混乱して、バイリンガルどころか、両方とも満足に話せないセミりンガルになってしまう可能性もあるそうです。
もちろん、2ヶ国語が上手に話せるようになる子供もいるとは思いますけどね。

私は、ポロンは今たまたま海外にいるだけで、生活の基盤となるのは日本だと考えているので、日本語だけは、正しく話せるようになってほしいと思っています。
もしも万が一、滞在が延びてポロンが小学校に行く頃までここにいることになったら、またその時に考えようと思います。

もし、その辺に興味のある方は、この本を読んでみてください。




今は、ポロンに無料の英会話レッスンをしてくださるニューヨーカーの皆様に、ただただ感謝です。
きっと、帰国したらすぐに忘れてしまうとは思うけど、ポロンにはよい経験になっていると思います。
日本語以外の言語があるということや、肌や髪の色が違う人がいるということを自然に感じ取っていると思います。


ロックフェラーセンター前の天使さん。
この間、雪が降った時に撮りました。

PC100678.JPG


子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が、ブログを続ける励みになっています。
今、何位なのか気になる方は、ぜひクリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 07:04| ニューヨーク ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。