2006年01月31日

鐘の音

NYには、いろいろな国の人が住んでいて、信仰する宗教も様々だ。

だから、教会をよく見かける。

ゴシック様式の立派な教会もあれば、こじんまりとしたものもあれば、ビルのようなものもあって、これもまた様々だ。


近所にある教会の前を普段何気なく通っていたけれど、

よく見ると、

Armenian Cathedrale と書いてあった。

カテドラルというのは、キリスト教で、司教の座席(カテドラ)が設けてある聖堂のことだそうだ。

P1290924.JPG

Armenianと書いてあるからには、アルメニアの国の人たちのためのカテドラルなのではないかと思い、地図帳で調べてみた。

アルメニアは、トルコとイラクに隣接した小さな国だ。

人口は、約380万人。
NY市の人口が約850万人なので、その半分にも満たない。

でも、こんな立派なカテドラルがあるのだから、きっと移民してきている人が多いのだろう。

このカテドラルでは、朝9時から夜9時まで、3時間ごとに鐘が鳴る。

カランカランと鳴るのではなくて、曲になっているのだ。


今までに聞いたことはないけれど、どこか懐かしい感じのする曲だ。

耳をすまして聞いていると、心が落ち着ついてくる。

そして、自分の心の世界にゆっくりと入っていくような感覚におちいる。

ここがNYとか、そういうこととは関係ない、別の世界だ。

私は、瞑想というのはしたことがないけど、その感じと似ているのではないかと思う。

10分程の曲を聴き終えると、夢から覚めたような感じだ。


もしかしたら、この曲はアルメニアではポピュラーなのかもしれない。

何かの曲を聞いたことをきっかけに、心の扉がパタパタと勢いよく開き、昔のことを、昨日のことのように色鮮やかに思い出すことがある。

アルメニアを故郷にする人は、この曲を聞いて、故郷のことを思い出しているのかもしれない。


私もやがてこの地を去ることになる。

いつかこの鐘の音を聞いたら、今のこの生活を懐かしく思い出すのだろう。


今も鐘が鳴っている。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:09| ニューヨーク 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

我が家の宝物

木曜の深夜、ボブは9日間の出張を終え、無事我が家に帰ってきました。

出発する前の夜、ポロンにボブの出張のことを言うと、

眉がハの字になり、

「ポロン、やだ〜。

ぱぱがいないとさびしい〜」


と、大粒の涙を流していました。

ボブの出張中も

「ぱぱきょうも、かえってこないの〜」

と日々ボブのことを気にしていました。

これだけ、娘に思われていれば、ボブも幸せですよねハートたち(複数ハート)


ところが、

ボブは、またしても風邪をひいて帰ってきたのです!
年末の出張から帰ってきたときは、ヨウ連菌に感染していました。
出張に行く度に、病気になってしまうんですふらふら


土曜日の昼間は、熱も37度台前半でした。
ボブは、1日中ベットで寝ていました。
そして晩御飯を食べているとき、私が、

「ブログの順位が、またあがったんだよ」

と報告すると、

「ブログの順位とともに、熱も上昇中!」

な〜んて言いっていました。

頭が痛いというので熱を測ってみたら、

38.9度になっていたんですどんっ(衝撃)

これは辛い・・・

夜も寝るに寝れない様でかわいそうでした。

そんな時、寝ていたポロンが、「わー」と言って起きたので、「どうしたの?」と聞くと、

「ポロンね、おしっこがでるから、おきたの」

急いでトイレに連れて行くと、目をシュパシュパさせながら、ちゃんとおしっこが出来ました。

ポロンは夜まだオムツをして寝ていますが、おしっこがたくさん出てオムツから溢れてしまい、冷たいと言って起きたことはありました。

でも、夜起きてトイレに行けたのは初めてです。

子供が初めて何かが出来ると、親としては喜びもひとしおですよね〜。
嬉しかったです。

ポロンはお茶を少し飲むと、またすぐに寝てしまいました。

その後ポロンはいつもにも増して寝相が悪くて、顔などを何度か蹴られたり、ボブも汗をかいて着替えたりしていたので、私は何度も起きてしまい、朝起きてもすっきりしませんでした。

ボブの熱は今日の午後には下がり、晩御飯もたくさん食べれるようになったので一安心です。

今日は、朝から今にも雨が降りそうだったのですが、お昼頃から雨が降り出しました。
私は、なんだかすっきりしない気分です。
この写真みたいな感じ↓

P1120874.JPG


気分が低調でぜんぜんテンションがあがらず、体もだるかったです。
一番の原因は、ボブが出張に行っている間、気を張って生活をしていたので、その緊張が解けて疲れが出たのだと思います。
ボブが帰ってきたら、3人でどこかに行こうと密かに楽しみにしていたのに、それが実現できなかったこともあるかも。
それに加えて、寝不足だし、天気も悪いし・・・

両親が不調でも、1人元気いっぱいなポロンには、感謝感謝です。

今日は、いつもにも増してポロンをいっぱい抱っこして、元気をもらっちゃいました。
ポロンをぎゅ〜っと抱っこして、チュッとしたり、頬ずりしたりしていると、硬くしぼんでいた心がだんだんやわらかくほどけていって、あたたかくなっていくような気がするんですよね〜。
それに、私がぎゅ〜とすると、クククッて嬉しそうに笑うポロンの顔が最高なんです!

ポロンがいてくれてよかった〜。

子供は、本当に宝物だなぁ〜黒ハート
と改めて思ったのでした。


★追伸★
ボブの熱は夜中にまたあがり、病院病院にいったところ、バクテリアに感染していることが判明!
バクテリアって何なんでしょう??
ポロンと私にもうつる可能性があるらしい・・・今のところ2人とも元気なんですけどね。
ボブは、会社を休んでベットで寝ています。
早く元気になってほしいなぁ〜。
そして私たち2人にうつらないといいなぁ〜。


子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 12:00| ニューヨーク ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

ヘルシーなおやつ

朝ごはんを食べて、1時間ほどたったら、

「ママ〜、ポロン、あめ、たべたいの〜」

「まだ、ご飯食べたばかりじゃいなの〜」


「あめ〜あめ〜

あめー!あめぇー!!
(絶叫ふらふら


ポロンったら、床に仰向けになって、お掃除しちゃってますよ〜。

あ〜あ〜どうしようかな〜
まだおやつの時間じゃないから、甘いものはあげたくないな〜
でも、こうなっちゃったら何か食べさせないと気がすまないだろうな〜
何かいいものないかな〜

と考えることしばし、


ぴーん!

ひらめいたひらめき




冷蔵庫からにんじんを取り出して、


「ママは、これからにんじんを切って、炊き込みご飯つ〜くろう〜!」


ポロンは、さっと立ち上がると、


「にんじん、たべる〜たべる〜」


しめた!!


ポロンは、以前も一時期食べていた生にんじんが、最近また好きになってきたらしいのです。
私が、お料理に使おうとしてにんじんを切っていると、必ずやってきます。

P1280921.JPG


ポリッ!カリッ!ポリッ!カリッ!

「うさぎさんも、にんじん好きなんだよね〜」

なんて言いながら、ステックにしたにんじんを1本の半分位食べて満足した様子!

にんじんなら虫歯にもならなそうだし、あめを食べさせるよりは100倍よかったんじゃないかと思います。
おやつの時間にはちょっと早かったですけどね。

ポロンとの勝負に、いとも簡単に勝利した母も、大満足exclamationなのでありました。

はっはっはっ!(得意気〜わーい(嬉しい顔)

ちなみに今日のにんじんは、近所のスーパーで買ってきたものですが、一応オーガニックと書いてあり、食べてみると、さほどにんじん臭くはなく、さっぱりとした甘さで、なかなかおいしかったです。


その後、近所の公園へ。

今日は、あたたかで天気もよいので、結構にぎわってました。
まるで、春がやってきたかのようで、気持ちはるんるん!
土日の公園で、パパが子供と遊んでいる姿が多く見られるのは、日本と同じです。

P1290926.JPG

あちらにいらっしゃるパパさん、かっこいいわ〜なんて目の保養をしていると、

ピザのデリバリーのお兄さまが、キョロキョロしていらっしゃる。


公園にピザのデリバリー????????


と思っていると、公園で遊んでいるうちの半分位の親子がテーブルのあるスペースに集まってきて、おいしそうにピザを食べていらっしゃるではありませんか!

この公園では、たまにバースデーパーティーも開かれているのですが、今日はそうではなく、仲のよい何家族かが集まって、ランチされているご様子。
こういうのもお手軽でいいなと思いました。


それにしても、ピザのデリバリーって公園にもしてくれるんですね〜。

いかにもアメリカらしい!



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 05:24| ニューヨーク ☁| Comment(8) | TrackBack(3) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

Amish Market

最近、お気に入りのスーパーは、Amish Market。
外観も内装もおしゃれなちょっとお高いスーパーです。

P1250910.JPG

ここの良い所は、なんといっても野菜や果物が新鮮!ぴかぴか(新しい)なところ。

例えば・・・
ポロンはブドウが好きなので、よく買うのですが、近所のスーパーで買うと、悪くなっていて半分以上食べれない〜なんてこともあるのです。
でも、こちらで買ったものは、ほぼ全て食べられます。

日本だったらそれが当たり前だと思うのですが、こちらの当たり前はちょっと違うみたい・・・
しかも、ちょっと大粒でお味もGoodなのです。
私は、今まであんまり好きじゃなかったのですが、ここで買ったものは何度も食べたいと思っちゃう。

お値段はちょっと高めだけど、近所のスーパーで買ったものが悪くなっていて食べれないということを考えると、結果的には変わらないんじゃないかと思っちゃう訳です。
ここでも残念ながら新鮮じゃないものもあるので、よく見て買わなくちゃいけませんけどね。

小松菜とかきのこ類もおいてあります。
でもね、しめじが8ドル以上もするんです!!
(1ドル115円として、Taxが4.375%かかるので、1000円近く!)
これはさすがに買えません・・・

今、このお店で気に入っちゃってるのが、このパン↓

P1140881.JPG

皮がパリッとしていて、中はもっちり。
レーズンとクルミがたっぷり入っていて、ナッツ好きの私には、たまらない1品。


そして、入り口の所にはこんなプレート↓が貼ってあります。

P1250911.JPG

「日本食製品あります。」

「日本食製品」ってだけでも、ぷっ!って感じですけど、

それが縦に貼ってあるところが、おちゃめな感じわーい(嬉しい顔)

お店の一角に、お豆腐や、うどん、キューピーマヨネーズ、ポッキーなんかが置いてあります。
これを見て、日本人以外の人が興味を持ってくれて、日本のものをお家で食べてもらえるのは嬉しいなと思います。
日本食レストランに行っても、日本人じゃない人はたくさんいるし、日本酒を飲んでいたり、お刺身を食べていたりはするんですけどね。

デリも併設されているので、そのうち挑戦してみたいと思ってます。
いつも行く時間には、早すぎてまだやっていないもので。

朝8時からやっているので、ポロンを学校に送った帰りに寄れるのも魅力的です。
近所のグリーンマーケットで冬の間野菜が手に入らないので、しばらく通っちゃいそうです。



子育てブログランキングに参加しています。
一時は80位くらいまで落ちましたが、みなさまのおかげで14位になれました。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 05:28| ニューヨーク ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

グットアイデア!?

ガスコンロの窪んでいる部分ってすぐに汚くなっちゃいますよね。
マメに拭き掃除をすればいいんだろうけど、なかなか・・・

どうにかラクに簡単にキレイにする方法はないものか?

と考えているうちに、



ピーン!

ひらめいた
ひらめき
 
食器洗い機さまに洗っていただこう!


我が家には、作り付けの大きな食器洗い機さまが、いらっしゃるのです。
ポロンと2人の時は、もちろん手洗いしているのですが、カレーやミートソースのスパゲッティを作った時とか、今日は疲れて洗い物をする気分になれない〜なんて時は、大活躍してくださるのです。

ガスコンロの取り外しのできる部品を入れると、こ〜んな感じ↓

P1270915.JPG

こびりついた油汚れは落ちてないけど、洗う前より格段にキレイになっているexclamation×2

汚れているのが気になる〜と思って日々を過ごすより、食器洗い機さまにマメに洗っていただいて、ソコソコきれいな状態を保っていた方が、断然気分がよいではないですか〜!

残った汚れを自分で洗い直せばピカピカになるとは思うのだけど、ズボラ主婦の私は、そこまでする意欲がないのでした。はははっふらふら

私は、なんていいことを思いついたんだ!と自画自賛していたけど、案外ニューヨーカーの皆様はこんな風にキレイにしているのかもしれない・・・

なにせ、合理的な国ですからね〜。



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:55| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

朝の出来事

今日は、幼稚園の日で、いつものようにバスで通園。

ポロンは、朝起きてから、バスに乗るまですこぶるご機嫌だったのに、

バスに乗っているうちに、だんだん機嫌が悪くなってきた。


これはいつものことだ。

バスの中は暖かいので、それが眠気を誘い、ちょっとだるくなってしまうのが原因だと思う。

私は、またか〜と思い、ちょっと憂鬱な気分。


バスを降りて、ポロンを抱っこして信号待ちをしている時、

ふと空を見上げると、

冬らしい水色の空に、白い雲が浮かんでいた。

P1250914.JPG

「ポロン、見て。お空にふわふわの雲が浮かんでいて、なんだかおいしそうだよ!」

ポロンが、空を見ると、

ぱっと表情が明るくなって、

「う〜ん。おいしそうだね〜」


横断歩道を渡ったところで、

「ポロン、ここから歩いていけるかな?」

と言ってみた。

すると、

ポロンは私の腕から降りて、

「リュックもする!」

私が持っていた自分のリュックを背負って、元気に歩き始めた。


通りすがりのおばさまが、そんなポロンを見て、目を細めている。

私は、ポロンとしっかり手をつないで歩きながら、ちょっぴり誇らしい気分だった。


ちょっとしたことで、こんなにも素敵な気分になれる。

いつも心にゆとりを持って生活したいなぁと、改めて思った朝だった。



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 01:03| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

Hello!

少し前のことになりますが、年末に近所の公園に行った時のことです。

ポロンは、遊具に登って遊んでいたので、私は少し離れたところでそれを見ていました。
その遊具には、ポロンよりちょっと大きい女の子と、そのパパと思われる男性もいました。
多分その親子は欧米人だと思います。


すると、


ポロンがそのパパさんとなにやら話している様子。


何を話しているんだろう???と思っていると、


ポロンが、滑り台をすーと滑って私のところへやってきました。


「ポロンね〜おじさんに、はろーって言えたよ!」


と自慢げに言いました。

私は嬉しくて、たくさん誉めてあげましたハートたち(複数ハート)


それまでは、私がポロンの耳元で「ハローって言える?」な〜んて言ってからでないと、言えなかったんです。

それからは、バハマに行った時に空港で会った職員らしき人とか、飛行機の中では乗客の人、帰ってきてからも、エレベーターで会った人、バスで隣に座っているおば様、お店の人などなど、いろんな人に「はろー」って言ってます。

機嫌の悪い時や、疲れちゃった時は言えないんですけどね。ふらふら

ポロンが「はろー」って挨拶すると、大抵の人は笑顔で「Hello」って言ってくれます。
ポロンには、それがまた嬉しいのかもしれませんね。

私もNYに暮らすようになってから、日本にいるときよりもよく挨拶をしています。
例えば、何かを買うためにレジに言った時。
日本だと、無言で品物を置いて、お金を払っていましたが、こちらでは「Hi」とか「Hello」とか必ず言っています。
それは、誰でもそうしていて、それが普通なんですよね。
日本のレジでの気まずい感じがなくて、とても気持ちがいいです。


夕食を食べた後に、ポロンが何も言わずに行こうとしたので、

「ちゃんと座って、ごちそうさましてね」

と私が言ったら、その通りにした後で、


「ごあいさつには、いろいろあるね〜。

はろ〜とか、ありがとうとか、さようならとか・・・」



Helloもちゃんと挨拶だと分かっているんですね〜。
「ありがとう」は、厳密にいうと挨拶ではないけど、「はろ〜」の次に「ありがとう」が出てきたのが嬉しかったです。
感謝する気持ちも大事ですよね。


挨拶はとても大切だと思っているので、ポロンがいろいろ覚えて、実際に口にしているのは、親としてとても嬉しいです。


今日は、かなり親バカモードでした〜!わーい(嬉しい顔)



マンハッタンの街角カメラ

ここにくる前の、私の中の冬のNYのイメージは、こんな感じでした。

P1120875.JPG

いつも曇り曇りか雪雪で寒くて、いつも街が薄暗いんじゃないかと思っていたんです。
でも、実際には晴れている日の方が多いです晴れ

去年もおととしも1月は、マイナス20度の日が何日も続いたらしいんですが、今年はそんな日は1回もありません。
これから先、そんな寒い日がくるんでしょうか?
このまま春になっちゃえばいいのにな。



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 12:29| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ついに!エンパイア・ステート・ビルの展望台へ!

エンパイア・ステート・ビルに行ってきました!
我が家から歩いていける距離で、よく前は通っていたんですが、展望台まで行ったのは初めてです。
近いといつでも行けると思って、ついつい後回しにしちゃってたんです。
そうこうしているうちに5ヶ月もたってしまいました。
こう考えると、時が過ぎるのは、早いなぁと思います。

まずセキュリティーチェックがあって、チケットを購入!
第一エレベーターで80階まで一気に上がります。

耳がキーン!

そして、第二エレベーターで86階の展望台へ。

オープンデッキに出ると、空気が清々しくて、おいしい!
地面の近くは排気ガスで汚れていても、この高さまでくると空気はきれいなんですねー。

深呼吸〜。


どんなに高いかというと、


下から見ると、こ〜んな感じのクライスラービルが↓

P1110870.JPG

上から見れば、こんな風↓

P1170883.JPG

いつも下から見上げているビル郡が、遥か下に見えるというのは、面白い体験です。
まるでマンハッタンの模型を見ているようでした。


そして、もう1つ実感したのは、マンハッタンは水に囲まれているということ。

地図は、もちろん見ていて頭では分かっていました。
でも、実際にマンハッタンを歩くと、建物が高すぎて、よっぽど河や海のそばに行かないと、それらは見えないんですよね〜。
だから、水に囲まれていると意識する機会が少ないんです。
でも、展望台から見るとそれが、よーく分かるという訳です。


南の方を眺めれば、小さく自由の女神も見れます。↓
写真だとよく分からないかもしれませんが、中央右側の小さな島に立っているのが、自由の女神です。

P1170888.JPG


ボブと私は、念願叶って、大満足で帰宅しました。

ジャケットを脱いでいると、ポロンが、

「こんど、えんぱいあ・すてーと・びる・いこうね!」

「さっき、行ってきた高〜いビルが、エンパイア・ステート・ビルだよ」

と、いくら説明しても、ポロンはピンと来ていない様子。



しまった〜!

行ったときに、ここがエンパイア・ステート・ビルだと教えておくのを忘れた!!



出かける前には、ちゃ〜んと言っておいたんですけどね〜。
行ったときに、ちゃ〜んと教えとかないといけなかったんですね。
今後、どこかに行ったときは、

その場で忘れずに教えます!


ポロン、ごめんね〜。


目エンパイア・ステート・ビルは、NYの超オススメスポットです。
夜は夜景がきれいらしいんですが、昼でもこのように楽しめました。
もしも、時間がたっ〜ぷりあったら、夕暮れ時から夜景まで、の〜んびり眺めてみたいです。


★今日のマイパソコン★
今のところ、写真もイラストもばっちり見れます。
パソコンを見ていただいたところ、昨日それらが見れなかったのは、機能が衰えているからだとしか考えられないと言われてしまいました。
やっぱりね〜もうやだ〜(悲しい顔)
しばらくは、このまま使って、あんまり酷くなったら、買い換えます。
ブログの更新がしばらくなかったら、壊れたと思ってくださいね。

今日はちゃんと写真のUPができたので、嬉しいです!!


子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:50| ニューヨーク ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

miserableな2人

我が家のトイレは、いわゆるアメリカ式のバスルームです。
バスルームに、トイレ・洗面・バスタブがあります。

朝起きて、

「ポロン、おしっこしてきてねー」

「は〜い!」

と、ポロンは、元気よくトイレに行きました。

今日は1人でご機嫌よくトイレに行けるなんて、いい調子!と思っていると、

「ママ〜、流れてないよ〜」

トイレに行ってみると、トイレが詰まっている様子。

日本に住んでいた頃は、トイレが詰まったことなんてなかったような気がするのですが、この家のトイレはよく詰まるんです。
ここに住み始めてから、5ヶ月の間に7〜8回は詰まっています。
ちょっとトイレットペーパーを多く流してしまったり、ちょっと固めの△△△だったり、その量が多めだったりすると、詰まっちゃうんですよね〜。

(汚いお話でごめんなさい。今日はこんな話題なので、こういうお話苦手という方は、ここで読むのをやめておいてくださいね。)

今までは、もう1度流してみて、それでも駄目なら、使い捨てゴム手袋をしてその上からスーパーの袋を被せて、詰まっているものを取り除いていました。


だから、よく考えずに、いつもしているように、もう1度流してみました。


水かさが増してきて、ぐるぐる回っているものの、なかなか流れないなぁなんて思っていると、

「ママ〜、お水が出てきてるよ〜」

トイレ本体と便座の間から水が流れ出ているではありませんか!!


ギョギョー!まずい!!たらーっ(汗)ふらふら


私はいつものように水を流してしまったけど、そのいつもの1回目の分は、ポロンが流してしまっていたんですー。
水は、便器の許容量を超えて流れ出したと言う訳です。


あ〜なんて考えなしの私!
後悔先に立たずとは、まさに、このこと!



近くにあったバスマット2枚にあふれてきている水を吸わせてみたけど、それを乗り越えてどんどん水たまりが広がっていきます。

近くにあったバスタオルに水を吸わせて、バスタブで絞ってみるものの、焼け石に水。

パジャマの裾がびちょびちょになってしまったので、それも脱ぎ捨ててみたけど、もちろん効果なし。

ポロンは、半べそ状態で、

「ママ〜、お水がいっぱいだよ〜、どうしよう〜、どうしよう〜」

私は、そんなポロンの声を聞いてはいたけど、ポロンにかまっている余裕はありません。



その時、びーんとひらめきましたひらめき


「詰まっているものを取り除けば、いいんだ!」


私は、迷わず素手で、トイレに手を突っ込んでみました!

(火事場の馬鹿力って感じ?ちょっと違うかな?)


・・・・・でも、手が届く所にはなにもありません・・・・


がっかり。


そうこうしているうちにも、どんどん水たまりはどんどん広がって、3畳弱の洗面所全てを覆い、廊下にも流れていきそうです。


もういろいろ考えてる場合じゃない!と思って、ベットルームから、タオルケットを持ってきてバスルームの入り口の所に置いてみました。

でも、水の勢いは衰えず、ついに、廊下にまで流れ出してしまったのです。


下の家に水が流れていって、損害賠償しなくちゃいけなくなったらどうしよう!!


もう自分の手には負えないと判断して、フロントに電話して、誰かに来て貰うことにしました。


英語でなんて言ったらいいのか本で調べたいけど、そんな暇はありません。


自分の名前と部屋番号を言って

「トイレの水が溢れているから、早く来て!」

言ったつもり。


すると、

「OK」

と言って、ガチャンと電話が切れました。


やったーexclamation通じてるexclamation×2


パジャマのズボンを脱ぎ捨てていた私は、慌ててジーンズをはきました。


ちょうどはけたところで、


ピンポーン!


早い!


スーパーアテンダントのヘッドと思われるおじ様とお兄さんが登場!

それに遅れること30秒。

続いて、掃除機を大きくしたような機械とモップ&モップを絞る箱を持ったお兄さんが2人登場!


私が立っていた所からは見えなかったけれど、掃除機を大きくしたような機械で詰まっているものや、溢れている水を吸っているらしい。


スーパーアテンダントのヘッドと思われるおじ様とお兄さんは、「大丈夫!大丈夫!」と言いながら去ってきました。


そして、トイレの詰まりも直り、モップで水分を吸ってもらい、作業は終了!


お礼を言ってチップを渡し、帰っていただきました。

ポロンは、

「ばぁ〜い!」

と元気よく言って、手を振ってます。


一息ついて、自分の格好を見ると、

寝起きで爆発した頭に、すっぴん、袖口が濡れたパジャマに、ジーンズではだし。
しかも、急いではいたので、ファスナーを上げ忘れていた〜。
パジャマの裾に隠れて見えなかったとは思うけど、恥ずかしい・・・

ポロンは、上半身パジャマで、下には何もはいてない・・・
トイレに行こうとしていたから、脱いじゃってたんですよね〜。
股の下でスナップを止めるタイプの肌着を着ていたから、かろうじて見えてなかったのが、不幸中の幸いでした。
いくら2歳とはいえ、人様に見せちゃいけませんよね。

バハマでイルカを怖がって泣いていたポロンを見て、miserableと言っていた人がいたけど、今のこの状況もまさに、miserable!がく〜(落胆した顔)


なんて、ぼーーと考えていると、ポロンが、

「おしっこ〜!」

そうそう、ポロンはトイレに行ってなかったんです。
ちゃんと我慢していられて、えらかった!


こんな時に、ボブは出張でバンクーバー!
電話すると、まだホテルにいて、いろいろ話しているうちに、ほっとして涙ぐんじゃいました。


それから、バスルームに残っていた水分をふき取って、除菌消臭効果のあるスプレーをたんまり吹き付けて、拭き掃除をしました。

なんだか前よりキレイになったみたい!ぴかぴか(新しい)
いつも手抜き掃除なもので・・・はははっ。。。

その夜、ポロンは、久しぶりに夜泣きしました。
今でも、「わー」と言ったり、寝言を言ったりすることはありますけど、すぐに寝てしまうんです。
今回のように20分も泣きながら寝ている夜泣きは、ほんとに久しぶりでした。
水がどんどん溢れてくるのが、こわかったんですね。きっと。


そして、翌日私は、筋肉痛。
バスタオルを絞ったり、吹き掃除をしたり、非常に緊張したりで、普段使っていない筋肉を使ったんですね。
普段の運動不足が、バレバレですね。(笑)


こんな体験は2度とごめんだけど、思い出すと笑える!わーい(嬉しい顔)


笑える失敗談がひとつ増えたと思うことにしました。


バスルームもキレイになったことだし、めでたしめでたし!?


★お知らせ★
再び、パソコンの調子が悪くなり、時々写真やイラストが見れなくなりました。
明日、修理に持って行く予定ですが、電話で「これ以上、このマシーンにお金をかけない方がいいかもしれませんね」と言われちゃいました。
しゅ〜ん。。。
それどころか、ブログの更新もあやしいです。
しばらくお休みしていたら、パソコンが壊れたと思ってください。

マイパソコンの運命やいかに!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・次回に続け!


子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 06:15| ニューヨーク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

お花。

数日前、ポロンをお迎えに行ったとき、ポロンのクラスメイトのお母さんMさんより、お花をいただきました。
Mさんは「ほんの気持ち。詳しくは書いてあるから読んでね」と言っていました。
私は、???と思いながらも、ありがたくいただいて帰りました。

帰宅して、Mさんからのお手紙を読んでいると、じわ〜んと涙が・・・

Mさんは、最近偶然私のブログを見つけ、密かに読んでいてくれたんだそうです。
事故の記事を読んで、私のことを心配してこんな素敵なプレゼントをしてくださったとのことでした。

ポロンの幼稚園関係の人には、なんとなく恥ずかしくてブログをしていることは言っていなかったんです。
私は、どちらかというと人との距離をおいてしまう方なので、心の内を打ち明けられる所まで仲良くなるにはとても時間がかかります。
だから、こんな近くにも私のことを気にかけてくださる人がいることが、とても嬉しかったです。

P1190899.JPG


マンハッタンには、もちろん普通のお花屋さんもあるし、この写真のように小さなスーパーの軒先でお花を売っているお店もあります。

P1210900.JPG

近所で、お花を目にする機会は割りと多いと思います。
だけど、今回お花をいただくまで、我が家に花が飾られたことはありませんでした。
日本に住んでいた頃は、誰かのお誕生日の時に小さななアレンジをお料理と一緒に飾ったり、そうじゃないときも、時々ガーべラの一輪挿しを楽しんだりしていました。

やっぱり、今までは、心の余裕がなかったんでしょうね。

これからは、たまにはお花を飾ってみようと思います。

お花には、不思議な力がありますよね。
目に入るたびに、心が落ち着くような気もするし、心がパッと明るくなるような気もするし。
いずれにせよ、心が癒されていることは、間違いありません。

ポロンも家にお花があることが嬉しいようで、幼稚園の先生に、

「ポロンのうちには、お花があるんだよ!」

な〜んて自慢してました。


Mさんにいただいたお花は、毎日お水を替えて長持ちさせたいと思っています。


Mさん

お花のよさを思い出させてくれて、また、私のことを心配してくれて、ありがとうございました。

ぜひ近いうちにランチ行きましょう!



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 03:08| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

復活!

元気になったことだし、またブログも再開しようと思って、やる気満々だったのですが・・・

パソコンが壊れました!!

どう壊れたかというと、

まず、特定のサイトが見れなくなりました。
アルファベット以外の文字が、□で表示されてしまい、読めなかったんです。

なので、パソコンを修理していただけるところに持っていき、見ていただきました。
更新されていないウインドウズアップデイトが、いくつもあったので、これを更新したら見れるかもと言われたので、やっていただきました。


やったー見れるようになったー!


と、喜んだのもつかの間、


家でパソコンを使っていると、今度は、開いたウインドウの文字が、変な文字や数字に変わってしまっていました。


そのうちに、ブログのコメントを入力しただけで、固まるようになり、


このブログにサインインして、記事一覧を見ようとすると、一列で表示されるべきものが、上下にずれて、しかも歯抜け状態で表示されていないところもある状態・・・


壊れてるがく〜(落胆した顔)



もう、リカバリするしかない!と思って、ポロンが幼稚園に行っている間にせっせと作業したのですが、インターネットにどうしてもつながらない。


今日、再度、パソコンを持っていって見ていただき、やっと復活したんです!

ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)嬉しい〜!ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


実は、私が使っているパソコンは、5年前に買ったものでウインドウズMeが搭載されているものなんです。
進化の著しいパソコン業界においては、すでに化石かミイラかって感じですよね〜。わーい(嬉しい顔)


見ていただいた方曰く、

ウインドウズMeは、

ウインドウズの中でも最も不安定で、

2年くらい前に、次々と壊れたらしい・・・


そんな、いつ壊れてもおかしくないパソコンなんです。もうやだ〜(悲しい顔)


今回リカバリしたので、あと1〜2年は持つんじゃないかと言われました。

よかった〜。

ウインドウズの次のバージョンが今年の終わりごろ発売されるらしいので、それが落ち着くころ、2年後位まで、元気に動いてほしいなぁ。
大切に使わなくては!

なにはともあれ、直ってよかったです。
マイパソコンで、ブログが更新できるのは、幸せで〜すハートたち(複数ハート)


パソコンを見ていただいたところは、もちろん日本人の人が、日本語で対応してくれます。
マンハッタンには、そういう所が何箇所かあります。
私のように英語の苦手な人が多いってことかな?

担当はTさんという女性です。
私は機械オンチで、もちろんパソコンのこともぜんぜん分かっていません。
Tさんは、そんな私の初歩的な質問にも、いやな顔一つせずにていねいに教えてくださるんです。
その説明も過不足なく、てきぱきしていて、仕事のできる人なんだと思いました。
それに、デスクの上もオフィスもきちっと整理整頓されていて、余分なものは目に入りません。
なんと言っても一番いいと思ったのは、とっても前向きなところ!

私が「ウインドウズMe搭載マシーンを買っちゃうなんて、ついてなかったですよね」と言えば、
「でもね、ここまで元気に動いてくれてるんですから、優秀ですよ」

私が「パソコンのことはよく分からないんです」と言えば、
「そういう方々のために、私たちのような人がいるんじゃないですか」

という感じ。

Tさんと話していると、パソコンとともに私まで修理してもらったかのように、元気になりました。
もし、またパソコンの調子が悪くなったら、私は迷わずTさんに相談すると思います。
きっと私と同じように思っている人は、多いと思います。
この人は、NYでもやっていける人だと確信しました。
NYに限らず、どこでもやっていけるでしょうね。きっと。

パソコンが壊れてお金もかかっちゃったけど、素敵な出会いがあって、ラッキーでした。
おまけに今日は、とてもいいお天気で、寒さもマイルドで気持ちいいです。

そして、

そんな今日を、元気に過ごせてる自分がとても嬉しい!

やっぱり、元気が一番ですね!



子育てブログランキングに参加しています。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:59| ニューヨーク ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

感謝の気持ちでいっぱいです。

先日の記事を書いた後、パソコンに触れる気持ちも起きなかったので、今日は久しぶりです。


みなさまからのコメントを読んで、あたたかい励ましの言葉に、涙が止まりませんでした。

ご心配いただきまして、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

また、心配してメールをくださった方、電話をしてくれた方、本当にありがとう!

お陰様で、大分元気になりました。



この間までは、

いつも本屋さんに行く最短の道を行かず、たまにはフィフスアヴェニューの写真でも撮ろうと思って遠回りしたこととか、

たった1街区、100mで曲がり角だったのに、なんでそんなシーンに偶然出会ってしまったんだろうとか、

いろいろ悔やんでいました。



でも、事故に遭われた人には本当に本当に申し訳ないと思うのですが、自分に都合よく考え方を替えることにしました。



事故を目撃したのは、偶然ではなく必然だった。



最近、こちらでの生活にも慣れてきて、気が緩んできた私に、危機感を持たせるために、何だかわからないけど私に力が働いて、私は事故を目撃することになったのではないかと思うようにしました。
そうなる運命だったのだと思うことにしたんです。



そしたら、なんだか気が楽になってきました。

ボブもポロンも今元気だし、これから気をつければ、これから先も大丈夫!

そう思えてきました。



事故に遭われた方には、本当に申し訳ないのですが、そう思うことにしました。



青信号で横断歩道を渡る時は、以前よりもあちこち見て、気をつけるようにしています。

横断歩道を渡っている時に、直線で走ってくる車には、止まれ〜!と念力を送っています。
何もしないよりもマシかと思って。
これは、冗談じゃなくて、本気でしてます。

時々、横断歩道をはみ出て止まる車がいるので、それも気をつけるようにしています。


しばらくして、慣れてきても、気を抜かないようにしようと思います。



そして、

私の気持ちが沈んでいても、いつも元気で、面白いことを言って私を笑わせてくれているポロン。
ありがとう。

朝起きた時や帰宅した時「調子はどう?」と声を掛けていつも気に掛けてくれたり、家事を手伝ってくれたりしているボブにも感謝です。

この「調子はどう?」という言葉、ポロンが覚えてしまい、今日はポロンが、「調子はどう?」と声を掛けてくれました。
嬉しかったです。



いろいろ心配してくださったり、励ましてくださったり、

そんな方々に囲まれて生活してる私は、本当に幸せ者だと思いました。



みなさま、ほんとうにありがとうごさいます。



ブログも、再開します。
posted by ミル at 14:00| ニューヨーク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

事故

水曜日は、ポロンが幼稚園で、私はその時間を利用して、英会話でした。
レッスンが終わって、ポロンのお迎えまでにほんの少し時間があったので、本屋さんに行ってみようと思い、フィフスアヴェニューの歩道を急いで歩いていました。

プップー!!

と、けたたましいクラクションの音に、ふと車道を見ると、

車に人がぶつかっていました。




車の衝突実験で、車を人形にぶつけるのがありますよね。

そんな感じでした。


歩行者の信号を見ると、赤の点滅でした。

この国の信号は、青→赤の点滅→赤と変わります。

赤の点滅で急いで渡っていた時に、スピードを出したまま無理やり曲がろうとした車に轢かれてしまったのではないかと思います。




想像もしなかったことに、私は足がすくんで動けなくなりました。

私の近くにいたおばさまが、轢かれてしまった人に駆け寄っていきました。

他の人も、次々と集まっていき、車が来ないように交通整理をしている男性もいました。

救急車を呼んでくれているのか、電話をかけている人もいました。




通りすがりの人に「何があったの?」

と、聞かれたけれど、声が出ませんでいた。

その時、初めて気がついたのですが、私は震えていました。

歯もガチガチしていました。


ポロンがあんな目にあったらどうしよう

なんて考えてしまい、震えが止まりませんでした。




はっとして、時計を見るとポロンをお迎えに行く時間だったので、私はその場を去りました。

パトカーとすれ違いました。



マンハッタンの車の運転はすごく荒いんです。
ここに、住み始めてすぐにそう思いました。

歩道が青信号なのに、突っ込んできたり、すごいスピードでカーブを曲がってくる車もいます。

歩行者も、車が来なければ、信号が赤でも渡ってしまいます。
ストリートとストリートの間は、だいたい80〜100m位なのですが、普通に歩いていると、次の信号が必ず赤なんです。
その度に信号待ちをしていては、なかなか目的地に着かないんです。

私も初めは、赤で渡るなんて恐いと思っていたのですが、最近では赤でも渡るようになっていました。
渡ろうとして、車が来ているのが分かり、はっとしたことも何度もあります。


私の住んでいるビルの近くでも、私が住み始めてから5ヶ月の間に3回も事故がありました。
車は危ないとは思っていたけれど、危機感がまだまだ足りなかったと思いました。



いろいろ考えているうちに、年末からの日本に帰りたい気持ちがどんどん大きくなって、ポロンと2人で日本に帰ろうかとまで、思い詰めてしまいました。



夜、ポロンを寝かしつけているとボブが、帰ってきました。


今日の出来事と、私の気持ちを話しました。


ボブは、じっくりと話を聞いてくれ、

「どこに暮らしていたとしても車が走っているんだから、どこもみんな危ないよ」

と言われました。

確かに日本でも交通事故は後をたたないし、日本で私の住んでいた所は、歩道で自転車に轢かれそうになることも度々ありました。


そういうことを話しているうちに、私が日本に帰りたいと思うのは、生活に慣れてそういうことを考える余裕ができてきたからじゃないかと思い当たりました。

秋から年末にかけては、ポロンや私の防寒具やクリスマスパーティーに着ていく服を買いにいったり、英会話もまだ慣れていなかったから宿題も大変だったし、いろいろ慌しくて、日本に帰りたいとか考える余裕がありませんでした。

生活に慣れて、心の余裕ができたんだと分かると、なんだかほっとしました。

ボブと久しぶりにいろいろ話せて、心もすっきりしました。

時計を見ると、2時間もボブと話していました。

そして、横断歩道を渡る時に気をつけることを、決めてました。

@赤信号では渡らない。
A赤の点滅でも渡らない。
B青でも、左右と曲がってくる車がいないかよく確認する。

ポロンの体力をつけるために、徒歩で通園しようと思っていたのですが、これはやめて今まで通り、バスで通うことにしました。


一夜明けて昨日は、とてもいい天気でしかも暖かでした。

ポロンは幼稚園のない日だったので、一緒に公園やスーパーに行こうと思ったのですが、さて出かけようとすると、不安な気持ちになって、出かけられませんでした。
無理して出かけるのはやめて、家にいることにしました。

事故の光景が瞼から離れず、ふとした瞬間に、胸が苦しくなったり、不安な気持ちになったり、涙がでてきたりしました。

昨日は、ポロンを寝かしつけているうちに一緒に寝てしまいました。
途中で起きたのですが、私は眠れているから大丈夫だと思いました。


今朝は、ぐっすり眠ったはずなのに、なにか胸につかえている感じです。
幼稚園に行くため、ポロンと一緒に家を出たものの、ポロンのお弁当などが入っているリュックを忘れていることに気付いて、慌てて戻りました。

バスに乗ると混んでいて座れませんでした。
しばらくすると、いつものように親切な方が、席を譲ってくださいました。
そして、ポロンの隣に座っていたおばさまが、ポロンに話し掛けてくださいました。

人のやさしさが身にしみて、涙がつーと出てきてしまいました。

まだ、事故を目撃したショックからは、立ち直れていないようです。


私は、ブログにおもしろかったこと楽しかったことを、たくさん書きたいと思っています。

でも、今の私は、誰かのブログを読ませていただき、一時的に楽しい気分ちになってコメントをすることは出来るのですが、自分のブログで楽しい気持ちでひとつの記事を書くのは、難しいようです。

しばらくは、のんびり更新することになるかもしれません。

もしくは、写真がメインで文章を少なくするかもしれません。



事故にあわれた方が、元気に回復されることを切に切に願っています。



ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)
パソコンの調子が悪く、exblogとライヴドアのブログを見ることが出来ません。
とても残念です。
パソコンが直ったら、すぐさま遊びに行きますね。



子育てブログランキングに参加しています。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 01:44| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

おんなのこ

昨日は、ポロンの幼稚園の始業式でした。

朝起こすと、

「あっ朝だ〜。今日は幼稚園だよね。
いいお天気〜」


と、すこぶる機嫌がよく、こんなことも言っていました。

「ポロンね〜、いっぱい歩けるよ〜。
ママに抱っこって言わないよ〜」



その言葉、決して忘れるでないぞ!

と、母は心の中で思いました。わーい(嬉しい顔)

幼稚園に行くと、教室になんと女の子がいるではありませんか!!
ポロンに女の子のクラスメートが出来ました。
今までは、ポロンが紅一点だったんです。

私は、それが初めはちょっと気になっていたのですが、ポロンも男の子のお友達と楽しく遊んでいるし、それはそれでいいやと思っていました。

でも、3日ほど前に、気になる発言が。

「ポロンね〜女の子のお友達が欲しいの〜」

ポロンも男の子・女の子というのがちょっと分かってきたようだし、女の子の友達をどこで作ろうかな?と考えていた所だったので、ナイスタイミングでした。

お迎えに行く途中で、通り道のGAPをのぞくと、既に、春夏物のオンパレード!
冬物は全てセールで、隅においやられていました。
いくつか目星をつけておいて、ポロンと一緒に買いに行きました。
もちろん、冬物を!

最近のポロンは、自分の気に入らないものは絶対着ないので、一緒に選んだ方がいいと思ったんです。
事実、私が選んで買ったもので、着ていない物がいくつかあります。
どんなに「かわいいから着てごらん」と言ってもダメ!
自分の好みがでてきたのですね。
成長の過程では、必ずこういう時があるのでしょうね。

ポロンが選んだのは、ピンクのズボンにピンクと白のボーダーのせーター。
好みといっても、ピンクならいいみたい。な〜んだわーい(嬉しい顔)

ポロンは、服を見てうっとりして、ぴかぴか(新しい)

「かわいい〜、この服〜。うふっ!ハートたち(複数ハート)

な〜んて言ってました。


帰りは、歩くことにしました。
今日は、幼稚園が始業式で10時半までだったため、まだ力が余っていると思ったからです。

しばらく歩いていると、

「おしっこー」

「ええっ、どうしよう」と思うまもなく、

じょじょじょじょ〜ん。

あと、家まで600m位だったので、そのまま帰りました。

「寒い〜寒い〜」

と半べそのポロン。
昨日は暖かったとはいえ、やはり冬。
おしっこで濡れたらお尻とか足とか冷たいですよね〜。
かわいそうだと思うけど、着替えもなく、仮に着替えがあったとしても着替える所も無いわけで、歩いて帰るしかありませんでした。
そのうち、

「眠い〜眠い〜」

今日も出ました。
ねむねむ攻撃!

最後は、私が引っ張って歩いてる感じでしたが、なんとか踏破できました!
歩いて帰ったのは、今日が初めてだったんです。
しかも、1度も「抱っこ」とは言わなかった。
朝、ポロンが宣言していたことは、有言実行された訳です。

ポロンは、また一歩成長したようです。

今日もちょっと感動している母でした。


P1110873.JPG

↑今日買った洋服をディスプレイしているポロン。
ちなみに、セーターは半額で、ズボンは20%オフでした。


子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 01:27| ニューヨーク ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

失せ物 出る!

ついに!
行方不明だったスーツケースが!!
我が家に到着しました!!!


心配してくださったみなさま、ありがとうございました。

我が家のスーツケース、どこにあったかというと、このビルの1階フロントです。
どうもこの土日のうちに届いていたらしいんです。
電話してくれるとか、集合郵便受けのところにメモを貼ってくれるとか、それくらいしてくれてもいいんじゃないの!!ちっ(怒った顔)と思いましたけど、私の英語力ではそんな文句もいえず、情けない限りですもうやだ〜(悲しい顔)

なにはともあれ、戻ってきてよかった!
で、早速洗濯です。
バハマを出発する時、まだ湿っていた水着はちょっとカビ臭かったです〜。
洗濯したら大丈夫みたいですが。
とくに無くなった物もなさそうです。
イルカと一緒に撮った写真が戻ってきたのが、特に嬉しかったです。


今日は、ポロンの冬休み最終日。
ポロンをちょっとかわいくしたいな〜と思い美容院へ。

ところが、

美容院の中に入ったところで、

「眠い〜!眠い〜!」

出た!
ねむねむ攻撃!!
眠い訳じゃなくても、やりたくないことがあるとこう言うんですよね〜。

ソファに座らせてもらって、抱っこしながら説得するも、

「おうち帰る〜!おうち帰る〜!」

また、出た!!
おうち帰る攻撃!!

母は、ポロンの攻撃で、ついに撃沈バッド(下向き矢印)

ポロンをかわいくしたいという母の野望は、もろくも崩れ去ったのであります・・・

春頃にも1度日本の美容院に行ってみたんですが、その時も大泣きでした。
その時には泣きながらも何とかカットしてもらったんです。
私が抱っこして、私にしがみ付きながらだったので、出来はイマイチでした〜。

多分、美容院に大人がたくさんいるので、緊張しちゃうんじゃないかと思うんです。
今回の美容院は男性の美容士さんが多かったので、さらに緊張度を高めてしまったのかも。
カットをお願いしたのは、もちろん女性で、かわいいお姉さんって感じの人だったんですけどね〜。
3日程前から、「お姉さんにかわいくしてもらおうね〜」な〜んて、イメージトレーニングもしてたんですけどね〜。

美容院のみなさま、お騒がせした上に、カットもせず帰ってしまって、ごめんなさい!!

ポロンは、去年の夏に汗疹が出来てしまって、1度短くカットしちゃったんです。
最近、やっと髪の毛も伸びてきたので、ボブっぽくしたいな〜と思ってます。
そうなると、私の技術ではとても無理で、今回美容院に行ったという訳です。

仕方がないので、今回もママ床屋さんがカットしましたよ〜。
前回は前髪がちょっとナナメになってしまったんですが、今回はそれよりはマシかな?
いつになったら、美容院で切れるのかしら??


美容院の後は、時間があったので、ブックオフへ。

P1100867.JPG

欲しかった文庫本があったので、すかさずゲットしました!
ラッキー!ツイテル〜!わーい(嬉しい顔)
ポロンも絵本を1冊買って帰りました。
両方とも3ドル也。
和書の高いNYでは、ほんとに有り難いお店です。


私の野望は今回も果たせなかったけど、スーツケースは戻ってきたし、欲しかった本もゲットできたし、寒くもなかったし、なかなか良い一日でありました。



子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 17:10| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

忘れていたこと。(バハマの食べ物と海)

雷雷雷今日のスーツケース情報雷雷雷
スーツケース未だ来ず。
ボブの送ってくれたメールに返答なし!
私は、ついに化粧品を購入・・・・・ちっ(怒った顔)


リゾート今日は、バハマの食べ物を紹介しま〜す。

ホテルの近くに昨年夏にオープンしたマリーナビレッジ内にある「BIMINI ROAD」

ここは、バハミアンフードのレストランです。

初めに、バナナチップスが出てきたんですが、これがちっとも甘くなくて軽〜い塩味で、ビールのおつまみに最高!
思わず後をひくお味。
ポロンはおなかがすいていたのか、これをパクパクパクパク。
子どんぶりいっぱい食べちゃいました!

今日のオススメというシーフードプラッター。
コンク貝とお魚のフライ、グリルしたロブスター、バナナのソテーなどが山盛り!

NYでは、新鮮な魚介類ってなかなかお目にかかるのが難しいんです。
ロブスターもそれなりのお店で食べたのに、なんだか泥臭い感じでおいしくなかったなぁ。
でも、ここのロブスターは甘〜くておいしかった〜。
コンク貝は歯ごたえがあってイカみたいな感じ。
これもぜひもう1度食べたいです。

ポロンは、下に敷いてあったフライドライスが気に入ったようで、結構食べてました。

P1010765.JPG

このレストランは、2回行ったけど、何を頼んでもおいしかったです。
目オススメ!


こちらは、ホテル内のアウトドアレストランで食べたコンク貝のサラダ。
細かく切ったトマト、きゅうり、緑色の唐辛子(?)等とコンク貝がドレッシングであえてある。
さっぱりしていておいしかった。
魚介類と同じく、NYでは新鮮な野菜は、普通のスーパーではなかなか買えないんです。
グリーンマーケットでなら手に入りますけど。
一口食べて野菜が新鮮なのが分かりました。
新鮮な野菜を食べると、体の中がきれいになっていくような気がしますよね。

赤い飲み物は、バハマ・ラマというカクテルです。
多分ラムベースだったと思います。
甘いけど、お酒もたっぷり入ってる感じでした。
私は、ビールの方がおいしく感じました。

P1030841.JPG


帰国する日、ちょっと時間があったので、ビーチへ。

P1030859.JPG

この国の海は、最高にキレイ!
港からちょっとのぞけば、透明度が高くて、お魚がたくさん泳いでいるのが見えます。
ブルー・ラグーン島の周辺の海は、エメラルドグリーンでした。
今回ダイビングはしませんでしたが、きっともぐったら素晴らしい景色を見れたんじゃないかと思います。

バハマの自然、これは、世界の宝だと思います。
この豊かな自然が、これから先もずーとこのままで存在し続けることを、祈らずにはいられません。


南の島に来たのは、新婚旅行でマウイに行って以来なので、3年半ぶりでした。

すっかり忘れていたのですが、私は南の島が大好きだったのです。
独身の頃は、あちこち行っていまいした。
もちろん、行ったことは覚えてましたけど、好きだったという気持ちを忘れていました。

結婚して、すぐに妊娠して、ポロンが生まれて、毎日が慌しく過ぎていって、そんなこと思い出しもしなかったんです。

でも、この国に来て、南の国の空気を肌で感じたら思い出しました。


ほのかな潮の香り、風に揺れる椰子、熱帯の植物の香り、

そして照りつける日差し。

私の心の中の引き出しを、そーと開けてくれてありがとう。

また、来ます。


それまで、変わらずにいてください。




子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 08:47| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

マダムに脱帽!(バハマの旅・3日目)

本日のスーツケース情報雷台風

ネットで調べると、1月5日に届けると書いてあるけど、未だ届かず。
もう7日も終わろうとしているんですけど、どういうことなんでしょうかちっ(怒った顔)
ボブに電話をかけてもらっても、同じ内容が自動音声でながれるのみ。
ボブにメールで問い合わせして貰っても、返答なし・・・


リゾート今日は、バハマの旅3日目の様子です。

3日目には、ホテルにある水族館に行きました。
ポロンは、イルカショックからか初めは恐がって水槽から逃げてましたが、抱っこしてみているうちに慣れてきたようです。
水槽の中には、海に沈んだアトランティスの街をイメージしたオブジェがあって、雰囲気を盛り上げていました。

ボブ(初登場!)とポロン↓何を話しているのかな?

P1020827.JPG


マンタやエイの泳ぐ様子を見ていると、思わず自分も水の中にふわりと浮いているような感覚におちいりました。
すーっと、日常から海の世界へと引き込まれていく感覚。
同じような感覚は、絵を見ていても本を読んでいても味わえますよね。
私は、こういう時間が大好きなのです。

「ファインディング・ニモ」の「くまのみ」もいました。
想像したよりも、ずっと小さくてかわいいお魚でした。
ポロンも、この小ささなら、恐さも感じないらしくて、じーっと見ていました。

こちらは、水中トンネル。
見る人が水の中にいる気分を味わうためのものだと思いますが、
私には魚が空を飛んでいるように見えました。
ポロンはここが気に入ったらしくて、2回も行きました。

P1030846.JPG


その後は、プールでの〜んびり。
ポロンは、この浅い所が気にいって随分長い間、座ってました。
たまに、水のかけっこをしたり、蹴っとばしっこをしたり、そして抱っこして深いところにも行きました。

P1030836.JPG

ボブと私は交代でポロンを見ながら、ウォータースライダーも滑ってきました。
一番急なスライダーは、下にストンと落ちていく感じ。
私は、ジェットコースターのような絶叫マシンが、これまた大好きなので、大満足!


ポロンを見ながら、ふとプールサイドを見ると、白いビキニにサングラス、そして白い帽子を被った40歳ぐらいの女性が立っていました。
日焼けして、引き締まったボディ。
まさに、マダ〜ムっていう感じです
素晴らしいわ〜と思いつつ観察していると、マダムには、中学生位の男の子を筆頭に、4人も子供がいるらしい。
お子様たちは、なんとなく感じがマダムに似ているので、マダムが産んだのでしょう。
4人も産んで、このボディ、素晴らしすぎる〜。
しばし、見惚れておりました。

バハマにはアメリカから旅行に来ている人が多いらしいのですが、子供が3人とか4人とかいる人って珍しくないんです。
アメリカの出生率は、2以上なんだそうです。
日本に比べたら、アメリカは、子供を産んで育て易い環境ということですよね。
マンハッタンに暮らしていると、そうは思えませんが、郊外や他の州では、また違っているのでしょうね。

それから、生後3ヶ月位の赤ちゃんもよく見かけます。
子供が生まれても、ライフスタイルは変えないのがアメリカ流ってことでしょうか。


ミル 「明日、おうちに帰るよ〜」

ポロン「日本のおうち?」

ミル 「ううん、NYのおうちだよ」

ポロン「じゃぁ、めんどできる?」


ポロンは、粘土と言おうとすると、めんどになっちゃうんですわーい(嬉しい顔)


ボブ 「ねんね出来るよ」

ポロン「ちがう!!あいうんど

ミル 「ちょっと違うかな〜」

ポロン、はっとして、

ポロン「なにぬんど」

ミル 「それもちょっと違うね〜。ね〜ん〜ど」

ポロン「〜ん〜ど」

「なにぬねの」は言えるんですけどね〜。
どうしても「めんど」になっちゃう

こういう面白い言い間違いは、いつ頃までしてくれるんでしょうね?

ポロンには、いつも楽しませていただいておりますわーい(嬉しい顔)



子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 13:32| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

南の国で年を越した!(バハマの旅・大晦日)

待ち荷物来たらず!

スーツケースは、まだ来ません!!

頭に来たので、すっぴんで5th Avenueに行ってきちゃいましたよ!がく〜(落胆した顔)

化粧品はスーツケースの中なんですもん!!プンプン!!ちっ(怒った顔)
昨日、スーパーの帰りに、ドラッグストアーで何か買おうと思ったんですが、ポロンの機嫌が超ナナメ状態で、食糧の調達だけでいっぱいいっぱいだったんです!!

まぁ、私がすっぴんだって、私がちょっと恥ずかしいだけで、道行くニューヨーカーたちは気にも留めていないんですけどね〜。はぁ〜。(溜息)

♪早〜く、来〜い来〜い、スーツケース・・・・・


気分を変えて、バハマの旅のお話です。

私たちが泊まったホテルは、「アトランティス」
紀元前15世紀に、地震と洪水で一夜にして海に沈んだといわれる伝説の古代都市「アトランティス」をイメージしているんだそうです。
プールはもちろんのこと、水族館、ゴルフ場、テニスコート、スパ、カジノまで付いてる大きなホテルです。

P1020828.JPG

1階のロビーの所には、大きなクリスマスツリーが飾ってありました。



よーく見ると、虫や楽器のオーナメントも付いています。

P1030850.JPG

他にも、南国のカラフルな鳥や、果物、お菓子等、私が想像もしていなかったようなオーナメントがいろいろと付いていました。
一言でいえば、NYのクリスマスツリーは正統派、バハマのは個性的って感じでしょうか。
カラフルで、キラキラしていて、見ていると踊りだしちゃいそうなウキウキした気分になります。

かとおもえば、このような、ヒトデと貝を石膏で作ったようなシンプルなものもありました。
このツリーは私のお気に入りです揺れるハート

P1010772.JPG



大晦日の夜は、朝早くに家を出発したこともあり、新年を待たずにみんな眠りに落ちてしまいました。

ドドーン!!

という音で目を覚まし、ふと時計を見ると、11:59!
慌てて窓を開けて外を見ると、打ち上げ花火が上がっていました。

そして、

ファ〜ン!ボ〜!船

という船の汽笛の音が!

近くの部屋の人がバルコニーに出て花火を見ながら、口々に、

「Happy New Year!」

と言っているのが聞こえて来ました。



こうして、我が家は、

紅白のかわりに、打ち上げ花火を見て、

除夜の鐘の代わりに、船の汽笛を聞いて、


新年を迎えました。


たまにはこういう年越しもいいかもしれません。
みのさん司会の紅白が見れなかったのは、ちょっと残念でしたけどね。


朝起きて、ポロン、

「あけまして、おめとうございます!」わーい(嬉しい顔)


元気に新年のご挨拶ができました。

今年も家族みんな元気で、楽しく過ごせたらいいなぁと思います。



子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 07:21| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

お正月はイルカと握手!(ババマの旅・元旦)

スーツケースは、昨日届きませんでした。
さっきネットで調べたら、やっと空港には着いたらしいので、今日には我が家に届くのではないでしょうか?

スーツケースさ〜ん、待ってるよ〜!

早く洗濯したいよ〜!!


元旦には、ブルー・ラグーン島に、イルカに会いに行きました。
前の夜に、ポロンに「明日はイルカさんに会いに行くよ」と言っておいたので、朝起きるや否や、

「ポロンね〜イルカさんに会うの〜」

よっぽど楽しみにしていたらしく、何度も何度も言っていました。

そのうち、

「ポロンね〜イルカの国に行くんだよ」

ということになっていました。
母は、イルカには会いたいけど、イルカの国には行きたくないよ。
1頭のイルカならかわいいけど、たくさんいたら恐いですよね〜わーい(嬉しい顔)


ホテルから徒歩10分ほどの港から、船で15分位。
私は、必ず船酔いしてしまい、いつもは船から下りるとふらふらなんですが、今回は全く酔いませんでした。
海は穏やかでちっとも揺れなかったんです。
船からは、ステキな別荘らしきおうちがたくさん見えました。
だいたいの家には、クルーザーが停泊できるようになっています。
リッチ〜!

P1020798.JPG

ブルー・ラグーン島に着くと、インストラクターの方からいろいろと説明がありました。

「Happy New Year!」

と始めに言われた時、「あっ、そういえば今日は元旦だった」と思い出しました。
南の島にいると、そんなこと忘れてしまうようですわーい(嬉しい顔)

ポロンは、

「おなかすいたー!おなかすいたー!」

早くもおやつタイム。まだ9時過ぎだよーふらふら


その後、水着に着替えて、海とつながった小さなプールのようなところへ。
インストラクターの合図で、おまちかねのイルカの登場!
手(胸鰭?)を振ったり、クルクル回転したり、ウンウンとうなずいたり、芸達者!!
ポロンも手をたたいて、大喜びです。

そして、最初に記念撮影。
プールの中に入ると、水が冷たい!!
ガタガタ震えてる女の子もいました。
南の島とはいえ、冬には海水の温度は下がるんですね〜。

ついに我が家の番になったのですが、ポロンは、

「おうち帰る〜!おうち帰る〜!
  おうち帰るー!!


大泣きです。
私がポロンを抱っこして、大泣きのまま、カシャ!
ボブは、イルカにキスしてもらってました。
その写真は、スーツケースの中に入ってます。

写真さ〜ん、早くうちに来てね〜。

その後は、イルカとふれあいタイム。
握手したり、ハグしたり、キスしたり、なぜなぜしたり。
ポロンもなぜなぜだけは出来ました。
イルカのボディは、もっと硬いかと思っていたのですが、意外と柔らかくて、滑らかでした。
ポロンもちょっとだけだけど、触れ合えてよかったです。
最後に、何度もジャンプしてくれて、バ〜イバ〜イと手(鰭)を振ってくれました。

私は、子供のようにはしゃいじゃいましたドコモポイント
他の家族を見ても、子供は恐がってちょっと尻込みしていましたが、大人の方がリラックスして楽しんでる感じでした。
私は、動物はあまり好きじゃないのですが、こんなに人に慣れてるんだったら、ペットとして家で飼いたいと思うくらいかわいかったです。


ボブは、インストラクターの人に

miserableだったね〜」

みたいなことをと言われたそうです。
ボブは、「miserableってこういう時も使うんだなー。勉強になったよ。」と言っていました。
思わぬところで、勉強しちゃったらしい。


P1010785.JPG


船を待つちょっとの間も砂遊びをするポロン。
ポロンは砂遊びが大好きなんですが、マンハッタンの近所の公園には、砂場がないんです。
なので、砂を見つけると、

「お砂〜お砂〜お砂で遊びたいのー!」

と、大騒ぎ!

P1020794.JPG


次の日の朝

「ポロンね〜、イルカが大きかったから恐かったんだよ〜。もっと、ちっちゃかったらよかったのに〜」

と言っていました。

私は、水の冷たいとか水が恐いとか、そういう方がイヤだったのかな?と思っていたのですが、イルカの大きさが恐かったのですね。
ポロンの身長は90センチ位。
まだ大人の半分ぐらいの身長しかないので、イルカは巨大に見えたんでしょうね〜。


それにしても、イルカの芸の多さ、人に慣れていることには驚きました!
子供がもっと大きくなれば、イルカと一緒に海で泳げるプランもあるようです。

バハマ・ナッソーの超オススメスポットです目


子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっています。
いつも応援ありがとうございま〜す。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:19| ニューヨーク 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

行きはよいよい、帰りは恐い!

大晦日の日、小雪舞うJ.F.ケネディ国際空港から、家族3人、小型(?)の飛行機で飛び立ちました。
この飛行機は、左右2列で観光バス2台分位の長さ。
空いていてガラガラで、スチワーデスさんが、「お好きな席にどうぞ」
こんな全席自由席みたいな飛行機に乗ったのは、久しぶりです。

飛ぶこと3時間飛行機

P1010755.JPG

飛行機のタラップを降りると、太陽がまぶしい晴れ
懐かしい夏の日差し!

入国審査のフロアに足を踏み入れると、カリビアンのおじさま3人による楽しげな生演奏がお出迎え。
窓の外には、椰子の木がそよいでるリゾート

そして、ババマに入国!


ババマでの楽しい4日間を過ごして、昨日帰国しました!
バハマでの出来事は、後日UPします。


ひとまず昨日1月3日の出来事をどうぞ!


ホテルをチェックアウトして、タクシーでバハマのナッソー空港に着くと、外まで続く長〜い列。

ひえー!!!

バハマは、フロリダの少し南にあってアメリカに近いため、日本からグアムに行くようなものなんでしょうね。
アメリカに帰る人が大部分だったのではないかと思います。
アメリカの会社は2日か3日から始まるらしいので、1日2日はもっと空港が混んでいたらしいです。
ボブの会社も3日からだったのですが、1日有休をとって今回の旅行に望みました。

やっとチェックインしたぞーと思っても、さらに長〜いセキュリティーチェックの列。

のどか沸いたな〜と思って自動販売機に行くと、めぼしい飲み物は売り切れ!
仕方なくココナッツ味の飲み物を飲むと、中途半端に甘〜い。
ふと見れば、私たちの前に並んでいる人も、その前に並んでいる人も、苦笑いをしながら飲んでいた。
そう、思わず笑っちゃうお味なのです。

ナッソーの空港でアメリカの入国審査までやっちゃうんですね。
だから、余計時間がかかったのかも。
ふと時計を見ると1時半近く。
2時間以上かかった〜。

でも、それは待つ1日の序盤に過ぎなかったのです。

ナッソー空港では、ポロンはほとんどお昼寝。
なんで親孝行な娘なんでしょう揺れるハート

そして、また行きと同じ観光バス2台分の飛行機に乗り込むと、満員!
そして、待てども待てども、なかなか離陸せず・・・
1時間遅れでやっと出発です飛行機
飛行機の中でも、ポロンは無難にこなし、NYへ帰ってきました。

そして、荷物を待つこと1時間。

「ねぇ、ボブ。私たちの荷物、本当にここにあるの?」
「そりゃ〜どこかにあるだろう」
「でも、どっか違うとこにいちゃってるってことない?」
「そうだな〜」

と言いつつ、ボブは、荷物のサービスカウンターの所へ。
私は、そのサービスカウンターの所が妙に混んでいるのが気になっていたのです。

そして、私の悪〜い予感は見事的中!

私たちの荷物は、行方知れずになってました〜!

あははは〜(思わず疲れた笑い)がく〜(落胆した顔)

私は、海外で荷物を預けて飛行機に乗ったことは40回位あると思いますが、こんなの初めてです。
いつかこんなことになるのではないかと思っていましたが、ついにやられちゃいました。
行きじゃなくて帰りだったし、ダウンを荷物から出していたのが、不幸中の幸いでした。
まぁ、ツイテルと思っときましょう。

そして、ボブは「これから、手続きしてくるけど、たくさん人が待ってるし、いつになるか分からないから、先に帰ってて」と言い残して、さっさとカウンターの所へ戻ってしまったのです。

「えぇ〜、女子供で、夜にタクシー乗って大丈夫なの?ここNYだよ!」

と、心の中で思いつつ、心細い気持ちでタクシーに乗り込みました車(セダン)


何事もなく無事帰ってこれましたよ〜。ほぉ〜。
行きは7時間位で着いたと思いますが、帰りはバハマのホテルをチェックアウトしてから10時間かかりました。
「行きはよいよい、帰りは恐い」とは、まさに今回の旅のようなことをいうのではないでしょうか?

まもなくボブも帰宅。
お疲れさまでした〜。


ボブいわく、同じ飛行機に乗っていた人30分位の荷物がなくなっちゃったらしい。
今日、家まで届けてくれるらしいけど、本当に届くのか???
デルタ航空のみなさん、よろしくお願いしますよっ!!

バハマは、毎日いいお天気で気温が25度位であまり暑すぎず快適でした。
今朝のNYは、バハマと同じで晴れているけど、氷点下。
我が家にも本格的な冬がやってきたようです。


遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくおねがいします。
クリスマスカードや年賀状を送ってくださったみなさま、ありがとうございました。
エアメールの数々とても嬉しかったです!

そして、私は今年もブログを続けて行きたいと思っています。
みなさま、応援よろしくお願いしま〜す。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 00:07| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。