2006年01月18日

感謝の気持ちでいっぱいです。

先日の記事を書いた後、パソコンに触れる気持ちも起きなかったので、今日は久しぶりです。


みなさまからのコメントを読んで、あたたかい励ましの言葉に、涙が止まりませんでした。

ご心配いただきまして、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

また、心配してメールをくださった方、電話をしてくれた方、本当にありがとう!

お陰様で、大分元気になりました。



この間までは、

いつも本屋さんに行く最短の道を行かず、たまにはフィフスアヴェニューの写真でも撮ろうと思って遠回りしたこととか、

たった1街区、100mで曲がり角だったのに、なんでそんなシーンに偶然出会ってしまったんだろうとか、

いろいろ悔やんでいました。



でも、事故に遭われた人には本当に本当に申し訳ないと思うのですが、自分に都合よく考え方を替えることにしました。



事故を目撃したのは、偶然ではなく必然だった。



最近、こちらでの生活にも慣れてきて、気が緩んできた私に、危機感を持たせるために、何だかわからないけど私に力が働いて、私は事故を目撃することになったのではないかと思うようにしました。
そうなる運命だったのだと思うことにしたんです。



そしたら、なんだか気が楽になってきました。

ボブもポロンも今元気だし、これから気をつければ、これから先も大丈夫!

そう思えてきました。



事故に遭われた方には、本当に申し訳ないのですが、そう思うことにしました。



青信号で横断歩道を渡る時は、以前よりもあちこち見て、気をつけるようにしています。

横断歩道を渡っている時に、直線で走ってくる車には、止まれ〜!と念力を送っています。
何もしないよりもマシかと思って。
これは、冗談じゃなくて、本気でしてます。

時々、横断歩道をはみ出て止まる車がいるので、それも気をつけるようにしています。


しばらくして、慣れてきても、気を抜かないようにしようと思います。



そして、

私の気持ちが沈んでいても、いつも元気で、面白いことを言って私を笑わせてくれているポロン。
ありがとう。

朝起きた時や帰宅した時「調子はどう?」と声を掛けていつも気に掛けてくれたり、家事を手伝ってくれたりしているボブにも感謝です。

この「調子はどう?」という言葉、ポロンが覚えてしまい、今日はポロンが、「調子はどう?」と声を掛けてくれました。
嬉しかったです。



いろいろ心配してくださったり、励ましてくださったり、

そんな方々に囲まれて生活してる私は、本当に幸せ者だと思いました。



みなさま、ほんとうにありがとうごさいます。



ブログも、再開します。
posted by ミル at 14:00| ニューヨーク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。