2006年01月31日

鐘の音

NYには、いろいろな国の人が住んでいて、信仰する宗教も様々だ。

だから、教会をよく見かける。

ゴシック様式の立派な教会もあれば、こじんまりとしたものもあれば、ビルのようなものもあって、これもまた様々だ。


近所にある教会の前を普段何気なく通っていたけれど、

よく見ると、

Armenian Cathedrale と書いてあった。

カテドラルというのは、キリスト教で、司教の座席(カテドラ)が設けてある聖堂のことだそうだ。

P1290924.JPG

Armenianと書いてあるからには、アルメニアの国の人たちのためのカテドラルなのではないかと思い、地図帳で調べてみた。

アルメニアは、トルコとイラクに隣接した小さな国だ。

人口は、約380万人。
NY市の人口が約850万人なので、その半分にも満たない。

でも、こんな立派なカテドラルがあるのだから、きっと移民してきている人が多いのだろう。

このカテドラルでは、朝9時から夜9時まで、3時間ごとに鐘が鳴る。

カランカランと鳴るのではなくて、曲になっているのだ。


今までに聞いたことはないけれど、どこか懐かしい感じのする曲だ。

耳をすまして聞いていると、心が落ち着ついてくる。

そして、自分の心の世界にゆっくりと入っていくような感覚におちいる。

ここがNYとか、そういうこととは関係ない、別の世界だ。

私は、瞑想というのはしたことがないけど、その感じと似ているのではないかと思う。

10分程の曲を聴き終えると、夢から覚めたような感じだ。


もしかしたら、この曲はアルメニアではポピュラーなのかもしれない。

何かの曲を聞いたことをきっかけに、心の扉がパタパタと勢いよく開き、昔のことを、昨日のことのように色鮮やかに思い出すことがある。

アルメニアを故郷にする人は、この曲を聞いて、故郷のことを思い出しているのかもしれない。


私もやがてこの地を去ることになる。

いつかこの鐘の音を聞いたら、今のこの生活を懐かしく思い出すのだろう。


今も鐘が鳴っている。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:09| ニューヨーク 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。