2006年02月11日

ちょうどいい距離

ポロンがうまれてからは、ポロンの写真ばかり撮っていた。

かわいくて撮らずにはいられなかったのだ。



NYに、来てからは建物の写真も撮るようになった。

写真はもちろん習ったことなどなく、素人なのだけど、

私なりにいろいろ撮った結果、

建物は、正面から撮るよりも、近寄って斜めから撮った方が、

立体的で、かっこよく撮れることに気がついた。



例えば、正面から撮った時の、NY市立図書館は、こんな感じ↓

P2070966.JPG




そして、ぐっと近寄って、斜めから撮るとこんな感じ↓

P2070969.JPG



これが、NY市立図書館と今の私との「ちょうどいい距離」のようだ。



人と人とも同じで、

友達同士、夫婦、親子、そして自分との距離も、

ちょうどいい距離があるように思う。

遠すぎず、近づき過ぎず。



そして、それは、

それぞれの変化に伴い、変わっていく。



ポロンとは、今も随分近くにいるような気がするけど、

赤ちゃんの頃に比べたら、離れてきている。



そして、これからも

ポロンの成長に伴い、

少しづつ離れていくのだろう。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:01| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。