2006年02月24日

笑われた!

ひと笑い

去年の10月頃、初めてMOMAに行った時のことです。
ポロンと一緒に出かける時は、ポロンの着替え、おやつ、飲み物、オムツ等いろいろ持っていかなくてはいけないものが多いため、リュックで出かけています。
ところが、MOMAでは大きい荷物は預けなくてはいけないらしい。

クロークで、お財布と携帯を取り出し、

さて、どこにしまおう?

仕方なくお財布をジーンズの前のポケットに入れてみたら・・・

ポケットがすごく膨らんでカッコ悪い〜

どうしよう?と思っていると、


「ガハハハハッ!!」


クロークのおばさまに笑われてしまった!
しかも指差されてる。


恥ずかしかったので、私も「アハハハッ!!」と笑っておきました。


するとおばさまが、ビニール袋をくれました。

最初からくれればいいのに〜!!

後から思ったのですが、子供のものだと言えばリュックごと持って入っても許されたのかもしれませんね。



ふた笑い

1ヶ月程前のことです。
近所のスーパーへ、ポロンをストローラーに乗せて買い物に行きました。
レジのところで、ポロンが「おりる!おりる!」と言い出しました。
「もうすぐ帰るからそのまま乗っていてね」と私が言うと、


「ポロン、うんちがでるのー!

うんちー!うんちー!!



ポロンは、ストローラーから乗り出して降りようとしています。
ポロンは、うんちの時は立たないと出来ないもので。


「アッハッハッハッハッ!」


レジのお姉さまは、お腹をかかえて笑ってますよ〜。
何を言っているのかは分からなくても、なんとなく伝わっていたのかもしれませんね。
これが日本だったら、レジの人に限らず近くにいる人の笑いを誘っていたことは、間違いないでしょう。
こんな風に豪快に笑われることはなかったと思いますけど。
私は苦笑い。。。

その時ポロンはパンツだったので、大急ぎで帰りましたが、家に着いた頃にはもうしたくなくなっちゃってました・・・・



み笑い

ちょっと前のこと、ポロンが歩いていきたいと言ったので、近所の公園に歩いて行きました。
公園で遊んだ帰り道、ポロンは疲れてしまったらしく、歩道で立ち止まったまま、歩こうとしません。
私は、なんとかして歩かせて帰りたかったので、ポロンの気分を変えようと思って、
その場足踏みをしながら、腕を振って、
「歩こう〜歩こう〜私は〜元気〜・・・」
と「さんぽ」を歌っていました。
この曲は、ポロンと私がどこかに歩いていく時のテーマ曲です。
なので、よく歌ってます。


「クククッ!」


私たちの後ろからやってきた、ウォーキングのカップルに笑われてしまった!
しかも、通り過ぎてからも振り返って笑っています。


客観的に見ると、確かにこんなことしてる親子がいたら面白いですよね。
私も思わず笑っちゃうかも。
最近、あまり人目を気にしていない私なのでした〜。
こんなことでいいのか???



日本だったら、通りすがりの人が面白いことをしでかしたとしても、笑っちゃ失礼だと思って、クスクスどまりですよね。
それを豪快に笑っちゃうのがアメリカ人なのかもしれません。
私は豪快に笑われちゃった方が、あまり恥ずかしくないような気がします。



P1290925.JPG

↑いつも行く公園の木。
1ヶ所何かの巣みたいになってるところがあって、いつも気になってます。
何の巣なのかな〜?
この公園はあまり広くないのですが、リスさんもいるんです。
寒くなってからは見かけていません。
リスさんのおうちなのかな??




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 12:26| ニューヨーク ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。