2006年02月26日

謎が解けた!

ここ10数年、ずっと疑問に思っていたことがある。

それは、


「なぜ、子供の時間はゆっくり過ぎるのに、

大人の時間は瞬く間に過ぎてゆくのだろう」



ということ。


小学生の頃は、夏休みがものすごく長く感じられた。

それなのに、大人になって働らいていた20代は瞬く間に過ぎていった気がする。
今年だって、年が明けたと思ったら、もう2月が終わろうとしている。
1年の6分の1が終わってしまう・・・・早い。

NYに来た頃は、1日1日が過ぎていくのが遅かった。
やっと3日過ぎた、やっと1週間すぎた、やっと1ヶ月過ぎた、という感じだった。

なのに、年が明けたら、日本にいた頃と同じように、すいている高速道路を走るかのように1週間が過ぎていく。


これは、私がNYの生活に慣れたからだと思う。


つまり、


大人になって時の流れが速く感じられるようになったのは、


生きることに慣れたからなのだろう。


同じ道も初めて歩く時は、とても遠く感じるのに、通いなれると近く感じるのは、その道を歩くことに慣れたため。

ポロンが生まれてしばらくは、慣れない育児に1日1日が長くて、ポロンの成長が遅く感じられたけれど、いつの間にかもうすぐ3歳。
私がポロンとの生活に慣れたため。


慣れるということは、いいことではあると思う。
滞りなく毎日が過ぎていくということだから。

でも、すごいスピードで過ぎていく毎日を、もう少しゆっくりと感じたいと思うときもある。

そんな時は、慣れていないこと、つまり、いつもとちょっと違うことをしてみればいいのだろう。


今日は、同じビルに住んでいるボブの会社の方と、チャイナタウンに飲茶をしに行く予定。
この方とは、今まで挨拶しかしたことがなく、お食事に行くのは初めて!
チャイナタウンに飲茶をしに行くのも初めて!

今日は朝からワクワクなのだ。

そして、その時間が早く来ないかな〜と思っているので、時が過ぎるのがいつもより少し遅く感じる。


ちょっと大げさかもしれないけれど、

時の流れをゆっくり感じられるような機会をたくさん作ることが、

人生の楽しむ秘訣なのかもしれないと思う。



P2161001.JPG

グランドセントラルの時計↑
正確に時を刻みながら、私たちを見守ってくれている。




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:06| ニューヨーク ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。