2006年03月17日

赤ちゃん

ポロンは、お花の蕾のことを、「お花の赤ちゃん」と言っている。


この間まで、「お花の赤ちゃん」だったお花たちが咲き出した。
派手さはないけれど、小さくて素朴なかわいらしい花だ。

P3161162.JPG


ポロンの言葉を借りるならば、こちらは「はっぱの赤ちゃん」
やわらかそうな瑞々しいはっぱたち。

P3131154.JPG


そして、

人間の赤ちゃん。

ポロン0歳の頃。

コピー~1.JPG


今のポロンは、まるで春先の植物のようだ。

蕾は膨らみつつあるけれど、まだ固く、どんなお花が咲くのかは分からない。

はっぱは出るのか、どんな実がなるのか、そんなことはまだまだ予想もできない。


私は、せっせと水をやり、肥料を与え、じっとその成長を見守る。



そして、見守りながら考える。



どんな色のお花が咲くのだろう。
一厘なのかな、それとも、たくさん咲くのかな?
小さいのかな、それとも大輪?



見守ることが楽しい日々。



ポロンは、3月20日で3歳になる。






子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 06:34| ニューヨーク ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。