2006年03月20日

ポロンのお誕生日←日本時間編

ポロンのバースデープレゼントを買いにトイザラスへ。

プレゼントはレゴに決定!
今まで、ピースの大きなアンパンマンブロックしか持っていなかったので、もう少しピースの小さいものを購入。


どれにしようかと選んでいる時、ポロンの様子がちょっと変だった。
なんだかあまり楽しそうじゃなくて、うつむいて体を固くしている。


その原因は、この方↓

P3191234.JPG

大人から見ても迫力があってリアルだし、「ガルル〜」なんて、恐ろしげな咆哮までしていたら、子供には、恐いよね〜。


気分を変えようと他の売り場ものぞいてみたけど、ポロンはイマイチ楽しそうじゃなくて、

「もうおウチに かえろうよ」

と言い出した!

おもちゃ屋さんに来て、早く家に帰ろうという子供は珍しい!


私は、おもちゃ屋さんが大好きなので(どっちが子供?)、他にもいろいろ見たかったけど、主役が帰りたいというので、仕方なくレゴと絵本を買って帰ることにした。


「タクシーで帰る?」

「ここでタクシーすぐにつかまるかな?」

「じゃあ、バスにする?」


ボブと話しながら歩いていると、ストローラーに乗せていたポロンが寝そう。
そのまま歩いて帰ることにした。
今日は風が冷たいなぁなんて思いながら歩いていると、通りの向かい側をショッキングピンクのダウンを着た人が歩いている。


兵藤ゆきさんだ!


みなさんご存知だとは思うけど、兵藤ゆきさんはマンハッタン在住で、その生活模様を記した本も出していらっしゃる。
ボブのNY行きが決まって、NY生活の想像がつかなかった私は、兵藤ゆきさんのエッセイを読んで、イメージをつかませていただいたのだった。
同じマンハッタンに住んでいるのだから、1度くらいは会いたいものだ!と思っていたので、
感激〜!!!
(実際には、見かけただけだけど・・・)


タクシーかバスで帰っていたら会えなかったなぁ。
歩いて帰ることにしてよかった!


考えてみると、私たちの毎日は、小さな選択の連続だ。
その小さな選択の連続が、私たちの一日を作り上げている。

当たり前のことなんだけど、当たり前のことすぎて普段意識していない。

今、選ぼうとしているほんの些細なことが、数分後、数時間後、ちょっと大げさだけど数年後に、影響を及ぼしていると考えると、なんだか楽しく思えてくる。

ポロンは、そのその選択の幅が、どんどん広がっているところだ。
どんなことを選んで、どんな1日を作り上げていくのかな?
そして、それがどんな人生になっていくのだろう?


NY時間では、まだバースデーイヴだけど、日本時間ではお誕生日だったので、夜はポロンの大好きなから揚げとケーキでお祝いをした。

P3191235.JPG

去年は吹き消せなかったロウソクが、今年は自分で吹き消せた。

食事の後は、ポロンのソロコンサート。
「はるが きたんだ」と「すうじのうた」を歌ってもらった。
その模様はもちろんビデオで撮影。



ささやかだけど、家族でお祝いしたお誕生日。

ポロンの目には、どう映ったかな?

ポロンとパパとママ、3人で過ごしたバースデーの一日は、どうでしたか?




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:26| ニューヨーク ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。