2006年04月24日

親子クッキングパーティー

金曜日は、ポロンの幼稚園で親子クッキングパーティーがあった。

幼稚園についたら、まずは、チームごとに席につく。
ポロンと私は、くまさんチーム。

今日のメニューは、カレー
あらかじめ、たまねぎ入りのカレーは先生方が作ってくださっていて、じゃがいも・にんじん以外の材料は、くじ引きで決まる。

班長になった私が代表して、くじを引いた。
ひいたくじには、ヒントが書かれていて、それを見て、材料の書かれた紙を探しに行くのだ。
つまり、「材料さがしゲーム」
例えば、くじには「ウェルカムルームにある本棚には日本語の本は、あるかな?」なんて書かれていて、そこに行って材料の書いてある紙を探す。
まるで幼稚園の中を探検して、宝捜しをしているよう。

くまさんチームの材料は、「たまご」「絹さや」だった。
そして、ルーは「とろけるカレー」

先生に材料をいただき、親子で、ゆでたまごの殻を剥いたり、茹でてある野菜をプラスチックナイフで一口で入るサイズに切ったり・・・
子供たちは、みんな一生懸命。
顔は真剣そのもの。

材料の準備が出来たら、それをお鍋に入れて、待つことしばし・・・

そして、ゆでたまごがごろんと一個入ったボリューム満点のカレーが完成!
絹さやが、色も歯ごたえもアクセントになっていて、おいしかった。

他のチームのカレーは、「海老とトマト」「チキンとブロッコリー」「ポークと枝豆」

他のチームのカレーも少しずつ味見させてもらったけど、どれも野菜がたっぷり入っていておいしかった。
特にトマトのカレーがおいしかったのにはびっくり。
お母さん方も意外なカレーに最初はとまどっていたけど、みんなおいしいと言っていた。
私が茹でて家からもってきたチキンも、柔らかくておいしかったので一安心。
調子に乗って食べ過ぎてしまった。(笑)

ポロンもご飯を多めに持ってきたのに、「もっと食べる」と言うので、私のご飯を分けてあげた。
パクパク夢中で食べていた。

くまさんチームは、ポロン以外の3人のお子さんはハーフ(今はダブルって言うのかな)。
3人ともカレーは苦手なんだそうだ。
カレーを煮込んでいる間に泣き出してしまう子もいた。
でも、いざ目の前にカレーが来ると、指ですくって味見して「おいしい」と言って食べていた。
「みんなで作ってみんなで食べる」ってやっぱりいいなぁ〜。

デザートは、年中長のお子さんが作ってくれたオレンジゼリーに、缶詰のみかんとホイップクリームのトッピング。
豪華なデザートで、本当に満腹!

その後、先生方のお芝居があって、みんなで手遊びをして、クッキングパーティーは終了。

工夫がたくさんあって、本当に楽しかった!
先生方に感謝!

ポロンは、食べ終わった後、眠くなったらしく、私にべったり。
帰りは抱っこして帰った・・・重い〜・・・


P4211523.JPG

↑ポロンのエプロン。
マンハッタンにあるサンリオで購入。
いつ行ってもお客さんがそれなりにいるので、人気があるみたい。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 10:23| ニューヨーク 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。