2006年02月11日

ちょうどいい距離

ポロンがうまれてからは、ポロンの写真ばかり撮っていた。

かわいくて撮らずにはいられなかったのだ。



NYに、来てからは建物の写真も撮るようになった。

写真はもちろん習ったことなどなく、素人なのだけど、

私なりにいろいろ撮った結果、

建物は、正面から撮るよりも、近寄って斜めから撮った方が、

立体的で、かっこよく撮れることに気がついた。



例えば、正面から撮った時の、NY市立図書館は、こんな感じ↓

P2070966.JPG




そして、ぐっと近寄って、斜めから撮るとこんな感じ↓

P2070969.JPG



これが、NY市立図書館と今の私との「ちょうどいい距離」のようだ。



人と人とも同じで、

友達同士、夫婦、親子、そして自分との距離も、

ちょうどいい距離があるように思う。

遠すぎず、近づき過ぎず。



そして、それは、

それぞれの変化に伴い、変わっていく。



ポロンとは、今も随分近くにいるような気がするけど、

赤ちゃんの頃に比べたら、離れてきている。



そして、これからも

ポロンの成長に伴い、

少しづつ離れていくのだろう。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:01| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミルさん、少しづつ具合が良くなられているようで安心
しました。

私の住むSFエリアは、今週はずっとポカポカ陽気が続き、
もう春なのね・・・と喜んでいます!!!
しかし〜・・・花粉も飛び始めているようで要注意です!

さて、私も今日そろそろお雛様を出そうかなぁ〜と
思っていたところでした。
今年もあっという間に毎日が過ぎて行きますね。

前置きが長くなりましたが、今日のミルさんのコメントに
何かを感じました。
ちょっと悩むことがあるのですが、この自分と相手との
距離についてのミルさんの言葉に、何だかちょっと心が
軽くなったような気がします。
ありがとうございました。

お体大切にお過ごし下さい!
Posted by タミィ at 2006年02月11日 04:24
子供との距離が離れていく。。。少し寂しいですね。
でも、これが成長なのでしょうから仕方がありませんね。
Posted by miumiuny at 2006年02月11日 14:36
I totally agree with you.
Posted by may at 2006年02月11日 20:13
☆タミィさま☆
ご心配いただきまして、ありがとうございます。
サンフランシスコは、ポカポカなのですね〜。
こちらでも、数日前までは、春を思わせる陽気の日もあったのですが、急に冷え込んできました。
今は雪が降っています。
サンフランシスコでは、花粉が飛ぶんですか?
アメリカでは飛ばないと思っていたのですが、そうではないのですね。
私は花粉症なので、衝撃の事実でした。。。
タミィさんの心が少しでも元気になられて嬉しいです。

☆miumiunyさま☆
親の心は、複雑ですよね〜。
私は、子供の成長を寂しいと思うよりも、嬉しいと思う気持ちを強く持ちたいな〜と思っています。
その方が楽しく生活できそうな気がするので。

☆mayさま☆
英語でのコメントありがとうございます。
英語はまだまだな私なので、なるほど!と勉強になりました。
Posted by ミル at 2006年02月12日 06:06
なるほど!!!すごく勉強になりました。
私はあまり外で写真を撮ることは少ないのですが、
このような方法で撮ると、こんなに迫力のある
写真が撮れるのですね〜。 

そして、そこから始まって「ちょうどいい距離」
の関係の話になるなんて・・・ミルさん、すばらしい
文章の展開です。 思わず引き込まれてしまいました。

Posted by かめきち at 2006年02月13日 18:00
☆かめきちさま☆
建物の写真を撮る時は、ぜひ試してみてくださいね。
お誉めの言葉をいただきまして、ありがとうございま〜す。
Posted by ミル at 2006年02月14日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。