2006年03月31日

ある卒業・前編

ポロンの寝る時の必需品は、おしゃぶりとバスタオルだった。
おしゃぶりをしながら、バスタオルを抱きしめると安心するのだろう。
ポロンはおしゃぶりのことを「ちゅっちゅ」と呼んでいた。


おしゃぶりは、5〜6ヶ月頃から、させていた。
バスタオルは生まれて病院を退院した時からかけてあげていたので、いつもそばにあったけど、それをいつから抱きしめるようになったのかは、忘れてしまった。
今は「バスタオル」と言える様になったけど、1年くらい前までは、「バシュ」と呼んでいた。


私としては、バスタオルはいいけど、「ちゅっちゅ」は1歳になった頃からやめさせたいと思っていた。
まだ日本にいた1歳半検診の時、保健婦さんに相談すると、「おしゃぶりが心の拠所になっている間は、無理にさめさせない方がいい。心の傷は直すのが大変よ」と言われた。


友達のMちゃんに相談すると、「ウチの息子は無理にやめさせて、今度は指しゃぶりが始まってしまったから、無理に止めさせない方がいいよ」とのこと。


私は、迷いつつ日々を過ごしていた。


2歳の誕生日の頃は、もうNYへ行くことが決まっていて、私の精神的な余裕もなく、ポロンの環境も変わることだし精神安定剤としてこのままさせておこうと思った。
私は、迷わず楽なほうを選択したのだ。


そして、NYへ来て、昼間ストローラーに乗せながらさせるのはさすがにどうかと思い、それはやめさせた。
割とあっさりとやめたけど、寝る時は必ず必要だった。



ネットで検索すると、おしゃぶりは2〜3歳位から歯並びに影響するらしい。
歯を閉じた時に、歯と歯の間に隙間ができてしまい、物をうまく噛み切れなくなったりすることもあるそうだ。
中には、4〜5歳までさせていたけど、特に歯に影響はなかったという人もいたけれど・・・


今年に入ったくらいから、ポロンに「3歳になったらやめようね。ちゅっちゅは赤ちゃんのするものだからね」と度々言うようにした。
ポロンは、「3さいになったら、やめる。おねえさんだから」と言う時もあれば、「ポロンは まだあかちゃんなの。だからちゅっちゅするの」と言う時もあった。


何度か「ちゅっちゅなしで寝てみようよ」と促して、ポロンもその気になって、枕の下に「ちゅっちゅ」をしまい寝れたことはあった。
でも、夜中に目覚めた時、泣き止ませるのには、やっぱり「ちゅっちゅ」が必要だった。
胸のところをとんとんたたいたり、頭をなでなでしたり、抱っこしてみたり、いろいろしてみたけれど、ポロンを寝付かせることは出来なかった。


「ちゅっちゅ」さえすれば、あっという間にまた寝てくれる。
それほど、ポロンにとっては、安心感を与えてくれるもので、
親の私にとっては、すぐに寝てくれる便利なものなのだった。


私は、ポロンのクラスメートのお母さんにも宣言した。
そうやって、決心が鈍らないように自分にもプレッシャーをかけるようにしたのだ。


そして、3歳の誕生日の日にポロンにおしゃぶりを捨ててもらい、さよならするつもりだったのだけど・・・・

その3日前、ポロンの終業式の日の夜、「ちゅっちゅ」が行方不明になってしまったのだ。
いつもは、ふとんに紛れていたり、ベットの間とか下とかに落ちていて、すぐに見つかるのに、この日はどこを探しても見つからなかった。


予備の「ちゅっちゅ」はあったけど、見えない何かが今日から始めるようにと言ってくれているような気がした。


そこで私は決意した。


今日から「ちゅっちゅ」なしで、ポロンには寝てもらおう!




明日に続く。



P3301342.JPG

この間、咲いたと思ったのに、もう散り始めていた。
私が気づいていなくても、植物はどんどん成長していく。
子供の成長も同じかな?



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 21:13| ニューヨーク ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
決心したんですね。うまくいくといいですね。
うちの子は小さい頃に歯医者に2才の健診で行った時、
『おしゃぶり、やめさせてくださいね。前歯が出てきてますよ』って。
おしゃぶりしてないのに...。ナチュラル出っ歯でした。(汗)
Posted by パクパク at 2006年04月01日 21:54
ちゅっちゅも、自らポロンちゃんにさよならとどこかへ行ってしまったのかな?
うちの子は指しゃぶりがやめれません。
暇さえあると吸ってるので心配です。
指だと、やめさせられないし、、、。う〜ん。

この後、どうなったのか、かなり気になっております。
Posted by mayu at 2006年04月02日 02:01
ちゅっちゅっがなくなってしまったというのは
象徴的ですね。むかしたんたんの断乳をしたとき
おっぱいさんは国に帰ってしまった。と言って
やめたことがあるけどちゅっちゅっさんも
国にかえってしまったのかな?
断乳はすんなりいったけど哺乳瓶をやめるのが
彼女の場合は大変でした。
今はばばちゃんと共同で夜のおむつとりに
取り組んでます。
Posted by may at 2006年04月02日 04:49
何にしても タイミングを見極めるのは難しいものですが
今回 上手くいくといいですね!
息子はおしゃぶりが苦手で 使うことはなかったのですが
寝るときのタオルは必需品です。
Posted by pinpinママ at 2006年04月02日 05:01
ポロンちゃん、ついにちゅっちゅ卒業なんですね。

ちゅっちゅが見えなくなったなんて、それはきっと
「今だよー」っていう合図なんでしょうね。

ウチでは寝る時に、ごくごくうすーいミルクを
飲みながら寝ているのですが、これもそろそろ
止めさせないといけないのかなあ。

親も便利な方法があると、なかなか泣かれてまで
止めさせるのには勇気がいりますよね。

ああ、続きがきになる。 果たしてポロンちゃんの
卒業はうまくいったのでしょうか。

今日のお花の写真もとってもキレイに撮れていますね。

Posted by かめきち at 2006年04月03日 14:21
☆パクパクさま☆
私自身があまり歯並びがよくないので、娘のこともちょっと心配しています。

☆mayuさま☆
私の友達も指しゃぶりのことを心配している友達がいます。
子供のことでの心配って、いつも何かありますよね。

☆mayさま☆
「国に帰る」すごい説得ですね!
私は思いつきませんでした。
娘も、断乳はあっさりだったんですけどね・・・
夜のおむつ、我が家も課題となってます。

☆pinpinママさま☆
pinpinくんもタオル好きなのですね!
タオルの柔らかさが、子供好みなのかなぁ〜。
ポロンは、乾燥機で乾燥させたふわふわのがいいそうです。
もっと小さい頃は、干したものでも良かったのにな。

☆かめきちさま☆
そうなんですよね〜。
便利な方法は、なかなかやめられません。
それに区切りをつけることは、子供というよりは、私の決心を固めるないといけなかったんですよね。
私には、なかなかそれが出来ませんでした。
Posted by ミル at 2006年04月03日 23:28
卒乳はひょんな事がきっかけで簡単に止められたけど
実はうちも今だ寝る時の哺乳瓶がやめられない…
恥ずかしいから今まで誰にも言えなかった
(楽な方法を止められない親の甘えもあるし)

哺乳瓶の中身も今では「ノンカフェインのお茶」とかなんだけど、どうしても寝る時の必須アイテム
なくて眠る事もあるけれど、夜中に目覚めた時泣き止ませるのにはやっぱり「哺乳瓶」が必要…
何度かチャレンジしたけど、ポロンちゃん同様何をしても寝かし付けることは出来なかった

「哺乳瓶」さえあれば、あっという間にまた寝てくれる
(ほんの数回吸っているだけなんだけどね…)
親の私達にとっては、すぐに寝てくれる便利なもの

子供の事を考えると止めさせなきゃいけないんだけど
わかってはいるけど…なかなか卒業できません

それでも本人も「はと組さんだから恥ずかしいよ」と言えば返してくれる時もあるので、もう少しかな…

私もミルさんを見習って決心を固めなければ!!!
Posted by かわうそママ at 2006年04月04日 01:52
☆かわうそママさま☆
私もかわうそママさんと同じ気持ちでした。
親が決心を固めれば、きっと子供はそれに応えてくれると思います。
決心を固めるのに勇気が入りますけど、大丈夫です!
Jrくんの力を信じましょう!
Posted by ミル at 2006年04月04日 06:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。