2005年07月29日

NYで牛丼についてくるものとは?

昨日は、土用の丑の日でした。
実家では、毎年鰻屋さんが売りに来てくれます。
さすが、鰻屋さんの鰻だけあってさっぱりとしておいしかったです。
ポロンには、ミニうな丼にしてあげたら、2杯もおかわりしてました。
1週間位前に冷凍の鰻を同じようにしてあげたときは、ちっとも食べなかったんです。
確かに冷凍の鰻は脂っこくて、すごくおいしいという訳でははありませんでした。
ポロンは炊き立てのご飯だとたくさん食べるのに、冷凍したご飯をチンしたものはあんまり食べなかったりもします。
ママ友達にも同じような事を言っている人がいました。
赤ちゃんや子供の舌って、敏感なんですよね。きっと。
大人の私たちに比べると、化学調味料とか刺激物にあまり触れていないからなんじゃないかと思います。
最近、「食育」という言葉を良く聞くようになりましたね。
贅沢ではなくても、炊き立てのご飯のようなおいしい物を、ポロンにはなるべく食べさせたいと思います。
NYには、どんな食材があるのか分かりませんが、楽しくお料理して美味しく食べれたらいいなと思います。

ボブは、料理ができません。
なので、NYで1人暮らしの今はオール外食です。
ボブいわく「食べるところはたくさんあるけど、イマイチ美味しくない」そうです。
たまたまおいしいお店にめぐり合えていないだけのかもしれませんけどね。
私はNYには行ったことがないのですが、ハワイで食べた日本食を思い出すと、ボブのいう「イマイチ」がどういうものなのか、だいたい想像がつきます。
ボブはお味噌汁が大好きなので、NYについたら3人でおいしいお味噌汁を飲みたいと思います。
おいしいお味噌汁ができるといいな。

ボブがNY生活を始めてまもなくの頃、「吉野家で牛丼を食べた!」と喜んでいました。
牛丼には、もれなくジュースが付いてくるそうです。
アメリカらしいですね。
BSEがちょっと心配な気がしましたが、喜んでいるボブには言えませんでした。
posted by ミル at 14:01| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。