2005年09月04日

ポロン幼稚園生になる!

このところのマンハッタンは、すずしい日が数日続き、もうこのまま秋になってしまうのかな?と思っていると、ものすごく暑くなったり・・・って感じです。
暑さの中にも風がすずしかったりして、秋の気配はムンムン(?)しています。

お店によっては、秋ものの洋服のセールをやってたりもします。
8月30日から9月5日までは、洋服類がTAX FREEなので、ポロンの入園式に着ていく服を買っちゃいました。
といっても、GAPでセールになっていたブラウス$6.99とスカート$9.99。
安いひらめき

そうなんです。ポロンは、当初の予定通り、幼稚園に入れることになりました!
そこは、日本語の幼稚園です。

入れることが決まった時は、
これで、私も英語学校に通える!
1人でぶらりとお買い物に行ける!
な〜んて思って、嬉しかったのですが、だんだん不安になってきてしまいました。

朝送ってお別れのときは泣くんだろうな。
お昼寝は出来るかな。
幼稚園に行くのがいやだと言いださないかな。
2歳半で幼稚園は、少し早いかな。
とか、いろいろ・・・

3日位心配ばかりしていました。
でも、私がこう思っていることは、きっとポロンにも伝わってしまうと思うし、それはポロンのプラスにはならないと思い、心配しすぎるのはやめることにしました。

ポロンにとって楽しいこともたくさんあるだろうし、親子ともに成長できるチャンスだと思うので、ポロンを信じて、私は心をゆったりと大きく構えていこうと思います。

こう書くと、そう思っていけそうな気がしてきました。
文字にすると、自分の気持ちがより明確になりますよね。
いい感じです。(自己満足晴れ

幼稚園に、健康診断書を提出しなくては行けないので、病院に行って来ました。
ポロンは、半年前に比べると、体重は12.2kgでほとんど変わっていないのですが、身長が89cmと6cmも伸びてました。
大分スリムになりました。

そして、予防接種を3本打たれました。
話には聞いていましたが、3種類も一緒にというのは驚きました。
ポロンは泣いてましたが、セサミストリートの絆創膏を貼ってもらって、すっかり機嫌がよくなりました。
2ヶ月後にもB型肝炎の予防接種を、追加で受けなくてはいけません。
その後もいろいろ受けなくてはいけないらしいです。

インフルエンザは流行っているのか聞くと、去年おととしは、大流行でワクチンが足りなくなったらしいです。
B型肝炎の追加のときに一緒に接種できるか聞いたところ、大丈夫だそうです。

日本だったら、1種類接種したら、種類によって、次の接種までは何週間あけなくてはいけないと決まってますよね。
それに、これはどういうもので、どういう副作用があるとかいう説明も配られます。
私は、先生にあれこれ一通り聞いてから接種してもらったのですが、聞かなきゃ何の説明もなく注射される勢いでした。
アバウトというか大胆というか、これも国民性なのでしょうか?

幸いポロンは、翌日に少し赤く腫れたものの、今のところ、発熱や発疹はないようです。
まだ数日は注意が必要なので、何もないことを祈るばかりです。

明後日は入園式。
楽しみです。





posted by ミル at 13:57| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ポロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もアメリカに来た当時、予防接種のやり方にはずい分戸惑いました。
でも、それでもウチの娘達は何事も無く育ってきたので、大丈夫みたいですよ。
…って、何事も無かったから言えるのかも知れないですが…。(^^;
Posted by mai at 2005年09月12日 13:22
☆maiさま☆
コメントいただきましてありがとうございます。
娘の予防接種は、今回は何もなかったのでほっとしています。
今後も接種のたびにドキドキしちゃいそうです。
Posted by ミル at 2005年09月17日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。