2005年11月05日

それは、突然やってきた!

マンハッタン生活を始めて、3ヶ月たちました。
たった3ヶ月しかたっていないのに、もう随分前から住んでいるような気がします。
それだけ、いろいろなことがあって刺激的な3ヶ月だったということでしょうか。

住み始めて1ヶ月がたった頃、船便の2便が届きました。
愛するマイパソコンもやっと私の手元に届いたし、他にも心待ちにしていたものがたくさん届いたので、とても嬉しかったです。
なのに、ポロンの昼寝中に、片付けをしていたら、急に疲労感を感じて、体が重くなっていきました。
その時は、ちょっと休もうと思って横になりました。

次の日も体がだるくて、何かをしようという気持になれませんでした。

そして、週末、ボブのお友達家族と、リトルイタリーに食事に行きました。
相変わらず疲労感はあって、行くのをやめようかとも思ったのですが、おいしいものが食べられるかもしれないと思い、無理して行ってしまいました。
食事中は、ちょっとしたことでイライラしてしまい、「私どうしちゃったんだろう」と思っていたら・・・

タクシーで帰って来る途中、ひどい頭痛と吐き気がおそってきて、タクシーを降りたら立っているのもつらい程でした。
家に着くなり、ベットに倒れこみました。
肩が異常にこっていることに気付いたので、マッサージをしたり、ストレッチをしたりしているうちに、だんだん良くなってきました。

月曜日になっても、ひどい疲労感とやる気が起こらないのはそのままでした。
ベットから起き上がる時、重力を感じました。
それに加えて、外出すると息苦しくて、深く息が吸えない感じでした。
ちょっと歩くと、息が上がってしまうんです。
日本から持ってきた「家庭の医学」で調べると、息苦しいのは、精神的なストレスによるものが多いと書いてありました。

この頃は、ポロンが幼稚園に行き始めたばかりで、朝は大泣き、家に帰ってからは、疲れてしまって駄々をこねたり、言うことを聞かなかったりという状況でした。
ポロンが頑張っているのはよく分かっていたし、疲れて甘えたい気持を受け止めてあげたいと思えば思うほど、それがさらに私のストレスとなっていきました。

平日はボブを頼りにできないので、どうにか1人で乗り切りましたが、週末はボブがいると思うと平日の緊張がとけて気が緩むのか、ベットから起き上がれませんでした。
午前中はボブにポロンと公園に行って遊んでもらい、お昼を食べて帰ってきてもらって、夜は外食していました。
お料理をする気力すらわきませんでした。

幼稚園では勤めて元気に振舞っていたつもりなのですが、ポロンの同級生のお母さんに、「顔がすごく疲れているけど大丈夫?」なんて心配されてしまいました。

こちらへ来てから1ヶ月は、非常に緊張して生活していて、それが船便2便が着いたという安堵感で、一気に緊張がとけ、無理していた分の疲れが出たんだと思います。
自分では気付いていなかったけど、体も心も慣れない生活で疲れていたんでしょうね。

疲れたら休めばいいと思い、ポロンが幼稚園に行っている間は、ベットに横になったり、レンタルビデオを見たり、日本から持ってきたマンガを読んだりしてました。
家事は最小限にして、なるべく自分の好きなことをする時間を作りました。

そうしているうちに、だんだんと疲労感もぬけていき、やる気もわいてきて、外出時の息苦しさも減っていきました。
元気になるまでに、3週間位かかったと思います。

いろいろな人に話を聞くと、眠くて仕方がなかったという人もいれば、イライラしてだんなさんとケンカばかりしていたという人もいるし、寒くなる頃に来た人で春になるまでずぅーと気分が沈んでいたという人もいました。

今も、疲れたと思ったらなるべく休み、肩がこったらストレッチをしてほぐすようにしています。
あんな辛い思いはもうしたくないので、
無理は禁物にしています。





posted by ミル at 12:51| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | マンハッタンな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体調回復してきたようでよかったっですね。
私も5月に復職して1ヶ月位は辛かったので、とてもよく分かる気がしました・・・。
子がいると疲れてても調子悪くても頑張らなきゃいけなくて、抜け道ないと「どうすればいいの?」って感じですよね。
私の場合、会社に行ってる時間が自由時間、だったので、会社に行くのは楽しいんだけど、家に帰ってからのことを思うと(本当に慌しいんです、これが)辛くて辛くて。

最近はこんな生活にも慣れ、子も元気に保育園に通ってくれて何とか順調に生活できているのかな?と思ってます。
でも、自由時間を充実させようと、仕事増やしてもらったら、今度は時間内に終わらせるのに必死!なこの頃です。
全てにおいて100%を望むのは欲張りすぎ、なのかもしれないですね。どれもほどほど位がちょうどいいのかも。
長くなっちゃいました。ではでは。
Posted by かん at 2005年11月05日 22:33
その後どうですか?
母親(父親もそうだけど)は、仕事してても、してなくても、休む時間なくて、自分が子育てするようになったらどうなるんだろうって、子供好きの私も、みんなの話を聞くと心配。

今のうちに寝坊しておこう。ごめん、うらやましがらせてるつもりじゃないけど。

近くにいたらベビーシッターしてあげられるのに。
ではまたね。
Posted by つん at 2005年11月06日 17:47
☆かんちゃん☆
かんちゃんは仕事と子育てでただでさえ忙しいのに、仕事でさらに上をめざすなんて、すごいです。
子供相手だと、自分の思い通りに進まないことが多いけど、お互い頑張りましょう。
いつも読んでくれてありがとう。

☆つんちゃん☆
子育ては大変だと思うことも多いけど、自分の子供はとてもかわいいよ。
かわいくていとおしくて、思わずぎゅーと抱きしめて、「ママね、ポロンのことが、大好きだよ」というと「ポロンもママのこと、だぁいすき」なんて言ってくれるしね。
それにどんどん成長していく姿をみるのも、とても嬉しいものです。
だから、そんなに心配しないでね。
いつもコメントを寄せてくれてありがとう。



Posted by ミル at 2005年11月07日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。