2005年08月04日

日本→NY

日本からNYまで、人が飛行機で行くと、12時間半かかります。
今、アメリカはサマータイムのため、時差は13時間です。
なので、NYへ行く日は、1日が37時間になります。
日本にいたら24時間の1日が、37時間になるなんて、ちょっと得した気分るんるん
(帰国する時は、損しちゃう訳ですが、それはまだ先の話)

手紙は、約5日で届きます。
試しにボブに送ってみたら、5日で届きました。

荷物を航空便で送ると、約2週間かかります。

船便で送ると、なんと約8週間かかります。
引越しの荷物のほとんどを船便で送りました。
引越業者の人は、「だいたい8週間位かかる」と言っていました。
ガイドブックを見ると、6〜8週間と書いてあったので、引越業者の人は余裕をみて8週間と言っているだけで、実際は6週間位で着くだろうと思っていたんです。

甘かった!
6月13日に船便の1便を送ったのですが、それが届くのは8月8日の予定・・・
私とポロンがNYに着くまでには、届いていると思ったんですけどね〜
港にはすでに7月26日着いているらしいですが、それからいろいろあるようです。
船便が着くまでは、お料理も出来ず、ちょっと不便な生活になりそうです。
お料理できないものは仕方がないので、旅行気分で外食します。
ボブはお料理ができないので、私が担当です。
さぼれてラッキー!

明日、8月5日、ついに私とポロンはNYへ向けて出発です。
こちらの家を出てから、NYの家に着くまで約20時間。
ポロンも楽しくすごせるといいなと思います。
飛行機に乗ったときとか、久しぶりにボブに会ったときとかの反応が、とても楽しみ。

パソコンを使えば、一瞬でNYから日本までつながります。
人や荷物を送るのとは段違いに速いですよね。
なんて便利なんでしょう。

しかしながら、マイパソコンも船便2便で7月15日に送ったので、届くのは9月中旬の見込みです。
(今は実家の弟のパソコンを拝借中)
それまでしばらくこのブログはおやすみです。
ブログを再開するまでに、どんな楽しい事がおこるのか、わくわくしてます。

それでは、皆様お元気で!

See you next month!
posted by ミル at 05:53| ニューヨーク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

寂しさと私

先日、友達のTさんが遊びに来てくれました。
Tさんとは、幼稚園から高校まで一緒でした。
その時、Tさんが彼と別れてしまったという話を聞きました。
「別れるきっかけはささいなことだっだ。なんだかつきあうのが面倒になってきてしまった。私は1人でも大丈夫みたい。」というようなことを言っていました。

それを聞いて、私は自分の人生を振り返って、考えてしまいました。
高校を卒業してから、つい最近まで、私は寂しさとともに生きてきたような気がしています。
短大に入った頃、なんだか私は寂しかった。
彼が出来た時、一緒にいるときは楽しかったけど、その日の終わりに別れる時、寂しかった。
彼と会えないときは、寂しかった。
彼がいない時も寂しかった。
結婚しても、ボブは仕事でほどんど家にいなくて寂しかった。
ポロンが生まれてからも、想像以上の育児の大変さに、孤独を感じていた。

ポロンが2歳を過ぎて、いろいろおしゃべりできるようになって、やっと私は慢性的な寂しさから解放されたような気がするんです。
ポロンを授かり、そしてすくすくと成長していることに感謝しています。

短大を卒業して会社で働くようになってからは、会社の寮に住んだり、1人暮らしをしたりしていたので、余計に寂しさを感じていたんでしょうね。

ポロンと同じ学年の子を持つママ友達は、5月位から幼稚園の説明会に行ったり、情報収集をしたりしていました。
そういう話を聞くと、胸にきゅっと寂しさを感じてしまう。

NYで、私は寂しさを感じるんでしょうか?
寂しさを感じている暇もないくらい、1日を充実させたいです。




posted by ミル at 13:36| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

私と英語

私の英語力は、海外で自分の洋服なら買える程度。
つまり、初級レベルですね。
海外旅行に行く度、「英語が出来たらもっと楽しいのに!」と思っていました。
英会話学校には2度通いましたし、本を買って自分で勉強したりもしましたが、長続きしませんでした。
そして、私は英語とはそりが合わないと思い、あきらめていたのです。
そんな時に主人のNY行きが決まりました。
私は「ついに英語を取得する時がやってきたのだ」と思いました。

近所の英会話学校に、週1で4ヶ月通いました。
毎週、大学受験のための英単語集から、60〜80語暗記してくるという宿題がでました。
始めは、ちっとも頭に入ってきませんでしたが、そのうちにだんだん頭に浸透してきました。
そして、NHKの英語番組が楽しく見れるようになってきたのです。
英文を声に出して読むのも、楽しくなってきました。
4ヶ月しか行けなかったので、飛躍的に英会話力がUPしたという感じではありませんが、「楽しくなってきたひらめき」というのが大きな収穫でした。
先生はていねいに教えてくださり、とても感謝しています。
帰国して先生に会う時には、ぜひとも上達していたいですね。
そのためにも、毎日少しづつでも学び続けようと思います。
英語を上達させるには、それしかないですもんね。

NHKの英語番組で、今、私が一番気に入っているのは、「ハートで感じる英文法」(NHK教育テレビ木曜夜11:10〜)です。
こういう文法の学び方もあるんですね。
勉強って感じがぜんぜんしなくておもしろいです。
英語初級者の方にお勧めです。
NYでも、ケーブルTVでNHKの番組が見れるらしいのですが、この番組もやっているといいなと思います。



posted by ミル at 23:09| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の祖母

先日、母の実家に行ってきました。
しばらく日本を離れるので祖母に会いたかったのです。

祖母は、明治42年生まれの96歳で、今年は年女です。
若い頃は看護士をしていて、その後助産士となり、70歳位まで現役で働いていました。
昨年までは、家で食べる分だけの野菜を作っている畑の見まわりや収穫をしていました。
少し前に体調を崩してからは、それは出来なくなってしまったのですが、とても元気そうで嬉しかったです。

ポロンを見て、「大きくなった」と喜んでくれました。
ポロンのTシャツに、「VITAMIN」と書いてあったんですが、ちゃんと読めたんですよ。
すごいな〜と思っちゃいました。
英語の勉強に気合が入りました。
おばあちゃん、ありがとう!
元気でもっともっと長生きしてね。


posted by ミル at 22:20| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

NYの洗礼を受けたボブ

ボブは、NYの住人となって、1週間ほどたった頃、空き巣に入られてしまいました。
その頃、ボブは家族で住む家探しをしていて、その日も7〜8件不動産屋さんと見て、家に帰りほっと一息いれて、ふと見ると、パソコンがない!!!
他に盗まれたものは、使い捨てコンタクト半年分と日本円3万円と金尺で、総額25万円。

警察を呼んだり、大家さんに文句を言ったり、会社の人にも来てもらって交渉したり、大変だったようです。
ボブ曰く、「英会話の粋を超えてるよ。必死だよ!!必死!!」
ボブは2箇所あった鍵の1箇所しかかけていなかったことが判明しました。
ボブは教えてもらわなかったというけれど、アメリカでは2個所以上の鍵が常識らしいです。
教えてもらう前に聞くか、もう1箇所つけてほしいというべきだったんでしょうね。

その頃住んでいたのは、サブリースが多く、借りる人がよく変わるようなアパートメント(アメリカでは日本でいうマンションは、アパートメントというらしいです)だったそうなので、そこは空き巣に狙われていたアパートメントなのではないかと、私は思います。
新しく入居したのが、危機感に乏しいといわれる日本人だったのでターゲットにされたのではないでしょうか。

渡米前にボブが保険の手続きをしてくれていたのですが、盗難保険には入っていなかったため、泣き寝入り状態です。保険には、すぐに加入したそうですが。

ボブが空き巣と遭遇して、恐い目に遭わなくて本当に良かったと思います。
パソコンも海外で使うために買った新品で中に何も情報が入っていなかったし、パスポートは持って出かけたので盗まれなかったし、それもよかったと思います。
それだけが救いですね。

大家さんに鍵をあと2個所追加で付けて貰ったそうですが、その1週間後に別の所に引越し、今は家族で住むアパートメントに住んでいます。

会社の人には、「こんなの聞いたことがない。よっぱど運が悪かったんだな。」と言われたらしいです。
でも、日本で空き巣に入られるよりも、アメリカの方がぐんと確率が高いと思います。
なので、日本よりも気をつけなくちゃいけないと思うのです。

こんなに大変な目にあったのに、ボブは、家族で住むアパートメントに、鍵が何箇所着いているのかとか、鍵は新しいものに換えてくれているのかとか、私に言われるまで確認もしていなかったんですよ。
それに夜中に外を歩きながら、携帯で電話してたりもするんです。そんなスキを見せたら危険だと思うんです。
ニューヨーカーが歩くのが早いのは、危険な外歩きの時間を少しでも減らすためだと、ガイドブックにも書いてありました。

私は心配のしすぎなのでしょうか。
まだ、私は日本にいるので、状況がよくわからず、心配しすぎている部分はあるのかもしれませんね。
posted by ミル at 20:42| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

NYで牛丼についてくるものとは?

昨日は、土用の丑の日でした。
実家では、毎年鰻屋さんが売りに来てくれます。
さすが、鰻屋さんの鰻だけあってさっぱりとしておいしかったです。
ポロンには、ミニうな丼にしてあげたら、2杯もおかわりしてました。
1週間位前に冷凍の鰻を同じようにしてあげたときは、ちっとも食べなかったんです。
確かに冷凍の鰻は脂っこくて、すごくおいしいという訳でははありませんでした。
ポロンは炊き立てのご飯だとたくさん食べるのに、冷凍したご飯をチンしたものはあんまり食べなかったりもします。
ママ友達にも同じような事を言っている人がいました。
赤ちゃんや子供の舌って、敏感なんですよね。きっと。
大人の私たちに比べると、化学調味料とか刺激物にあまり触れていないからなんじゃないかと思います。
最近、「食育」という言葉を良く聞くようになりましたね。
贅沢ではなくても、炊き立てのご飯のようなおいしい物を、ポロンにはなるべく食べさせたいと思います。
NYには、どんな食材があるのか分かりませんが、楽しくお料理して美味しく食べれたらいいなと思います。

ボブは、料理ができません。
なので、NYで1人暮らしの今はオール外食です。
ボブいわく「食べるところはたくさんあるけど、イマイチ美味しくない」そうです。
たまたまおいしいお店にめぐり合えていないだけのかもしれませんけどね。
私はNYには行ったことがないのですが、ハワイで食べた日本食を思い出すと、ボブのいう「イマイチ」がどういうものなのか、だいたい想像がつきます。
ボブはお味噌汁が大好きなので、NYについたら3人でおいしいお味噌汁を飲みたいと思います。
おいしいお味噌汁ができるといいな。

ボブがNY生活を始めてまもなくの頃、「吉野家で牛丼を食べた!」と喜んでいました。
牛丼には、もれなくジュースが付いてくるそうです。
アメリカらしいですね。
BSEがちょっと心配な気がしましたが、喜んでいるボブには言えませんでした。
posted by ミル at 14:01| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

初ブログ!

今日から、ブログを始めることにしました。
ドキドキしています。

NYへ出発するのは8月5日の予定です。
だいたいの荷物はNYへ送り、家から実家へ引っ越してきました。
引越しは大変だったので、今実家でのんびり過ごしています。
NYへ行ったらしばらく慣れるまでは大変そうなので、力を蓄積中って感じでしょうか。

夫ボブは6月7日からNYの住人となりました。
いろいろと大変そうですが、元気にしているようです。

そもそも、なぜNYに行く事になったかというと、主人の仕事の関係です。
昨年の秋ぐらいに、もしかしたらNYに行く事になるかもしれないと聞いた時は、驚きました。
転勤があるとしても国内だと思っていたからです。
結婚するときに主人がそう言ってんですよ。

その時、私は2人目のBABYちゃんを妊娠する予定だったので、日本で留守番するつもりだったんです。
でも、幸か不幸か妊娠しませんでした。
2歳の娘のポロンは結婚してすぐにできたので、2人目もすぐにできると思っていたんですけどね。
「欲しいと思ってる時って出来ないものよね」と何人ものママ友に言われました。
そういうものなのかもしれませんね。

ポロンはBABYの頃に比べれば手がかからなくなり、何か始めたいと思っていたところだったので調度よかったのかもしれません。

海外旅行は大好きですし、その出発前はいつもワクワクしていたのですが、今回は出発日が近づくにつれ緊張感が高まっています。
なぜかというと、ガイドブックに、「NYでは子供の誘拐はニュースにならないくらいたくさん起きていて、さらわれたら2度と帰ってこない」と書いてあったからです。
お財布は盗まれても、ポロンだけは盗まれないように、それだけは細心の注意をしようと思っています。

夫ボブはのんびりしている方なので、私がいくらそう言っても自分だけは大丈夫と思っているようです。
私は心配性です。
夫婦としてはバランスが取れているとは思うのですが、もう少し危機感をもってもらいたいです。
posted by ミル at 15:27| ニューヨーク ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 出発前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。