2006年04月18日

ルーズベルト島でたくさん咲いているお花は?

昨日は、ケーブルカーに乗ってルーズベルト島へ。
マンハッタンからルーズベルト島までは、約4分間の空の旅。

まずは、25セントで乗り放題のバスで、島内を一周。
車もあんまり走っていないし、人も少なくて、のんびりした雰囲気。
マンハッタンは目と鼻の先なのに、郊外に来た気分。
お店も、スーパー2件、レストラン2件、クリーニング屋さんとあと3〜4軒位。



桜が綺麗だと聞いていたので来てみたけれど、ソメイヨシノに似ている桜は散り始めていた。


P4161489.JPG
(見えている橋は、クイーンズボロ・ブリッジ)




八重桜は、咲き始めたばかり。
0.5分咲き位かな。

P4161497.JPG





でも、たくさん咲いているお花が!




それは・・・




P4161495.JPG


タンポポ!!


ウチの近所では、ほとんど見ないので久しぶりに見れて嬉しかった〜。


もう一つ嬉しかったのは、ポロンのクラスメートのEくん家族が偶然来ていたこと!

Eくんは、タンポポを見るなり、走っていって一心に摘んでいた。
それを見ていたポロンも一緒に摘み始めた。
その後は、落ちていた枝を拾って振り回して遊んだり、追いかけっこしたり・・・
ポロンにとっても、とても楽しい時間となったようだ。

P4161502.JPG


それにしても、なんで子供は枝を振り回して遊ぶのが好きなんだろう??





ここのところマイパソコンは、割と調子がいいみたい。
みんなが心配してくださったからかも・・・ありがとうございます。
このまましばらく気合で頑張ってね!
頼りにしてるわ!マイパソコン様!!

子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 01:35| ニューヨーク ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

グリーン・マーケットにも春がやってきた!

今日は、よく晴れて、空気も温み、というか暑いくらいで、半袖でもOK。
ノースリーブの黒のワンピースを着ている人も見かけた。
そろそろ日焼け止め塗らないと!というくらい、陽射しが強くなってきて、サングラスをしている人も急増中。
先週、雪が降ったのがウソのようだ。

そして、チューリップが満開!
人工のものに囲まれているマンハッタンだけど、こうして植物が植えられているのをみると、ひときわ心がなごむ。

P4131484.JPG


昨日は予定通り、久しぶりにグリーン・マーケットへ。
冬の間待ち遠しかった、野菜のお店が出ていた。
久しぶりにたくさん野菜を購入して、大満足。

P4121480.JPG


クリスマス前には、リースが売られていたお店↓には、お花の苗がたくさん!
手前は焼き菓子とパンのお店。

P4121481.JPG


前々から気になっていた、RONNYBROOKのコーヒー牛乳↓も買ってみた。
日本のに比べると甘さが控えめでおいしい。
今度は他の味にもチャレンジしてみよう。 

P4121481.JPG


夜は、この日買った野菜を使ったお料理。
新鮮な野菜って、口に入れると口の中で喜びを感じて、噛んでいる内に体の中がどんどん綺麗になっていく感じがする。
幸せなこと、この上ない!

ここのグリーン・マーケットは週1回。
これからどんどん野菜の種類が増えていくのが楽しみ。
また来週も行こう!




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 04:42| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

アムトラックの車窓から(ワシントンD.C.〜NY)

ワシントンD.C.に行くときは、ポロンと遊んでいるうちに暗くなってしまって、アムトラックからの景色がよく分からなかった。
帰りは昼間だったから、景色も楽しめた。

と言っても、広葉樹が多くて、まだ葉っぱの出ていないこんな林がえんえんと続いているところが多かった。

P4021434.JPG


たまにはこんな川?湖?も。

P4021439.JPG


橋の形も日本とはちょっと違うような。

P4021447.JPG

郊外にぽつんと工場みたいなのがあったり、広い畑があったり、家が点在していたり、そして街があって。

見えたものはそんなものかな。

街中には、白いみずきとピンクの木蓮が咲いているところが多かった。
このあたりは、NYと同じで桜の替わりにみずきが春を告げる花なんだな。

どれもこれも初めて見る景色だったけど、鉄塔や、街中の電柱を見ると、どことなく懐かしい感じがした。



「なんだかこの写真たち汚れてる」と皆さんお思いですよね。

実は、アムトラックの窓がものすごく汚れていたのだった。(笑)


もう少し窓に近寄って撮れば、キレイに撮れたのかもしれないけど、ポロンがこんなだったもので・・・

P4021448.JPG

ポロンは、寝不足だったので2時間程ぐっすり。
1座席と半分を占領されてしまい、私は1つの座席の半分に座ってた。
いくらお尻の小さい私でも(笑)これは、ちょっと辛かった〜。

でも、ポロンが寝てくれたおかげで、外の景色を眺めたり、考え事をしたり、本を読んだり出来たので、「ポロン、寝てくれてありがとう!」だな。


ペンステーションから地上に上がると、いつものマンハッタンの景色。
ビルは高いし、人も車もたくさんでにぎやかだし、お店がたくさんあって、看板が派手で・・・
エネルギッシュな街とよく言われる感覚がやっと分かった。

そして8ヶ月間住んだ街の空気は、肌になじむような感じがした。
やっとここの住人になれたのかなぁ。



昨日のマンハッタンは↓

P4051470.JPG

雪!!
雨が降りそうだなと思っていたら、晴れてきて、そのうち雨が降って、横殴りの雪。
そして、また晴れた。
なんてめまぐるしいお天気。

今日は晴れているけど、風が冷たい〜。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:34| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

ワシントンD.C.でお花見・後編

先週の水曜日あたり、NHKのニュースで(TV JAPANで見れる)ここの桜が満開だと紹介されていた。

来て見たら、本当に満開!
葉が出始めている木もあったので、正確にいうと満開をちょっと過ぎたあたりかな。
風が吹くと花吹雪が舞って、ポロンは「ゆきみた〜い!」と喜んでいた。


P4021416.JPG

この池(?)湖(?)は、タイダル・ベイスン。
すぐ西を流れるポトマック川とつながっているらしい。
このタイダル・ベイスンをぐるりと囲むように桜が植えられている。
↑この橋の先には、貸し足こぎボートがあって、長蛇の列だった。


P4021427.JPG



↓遠くに見える白い建物は、ジェファーソン記念堂。

P4021426.JPG


花見の人手が多いのは、日本と変わらない。
近くの芝生で、家族連れがランチをしていたりするのも、よく日本で見られる光景だ。
私たちも駅でもらってきた地図をお尻にすいて、近くの売店で買ったホットドックを頬張った。
ただのホットドックだったけど、青空の下、満開の桜を見ながら食べるととてもおいしく感じる。

その昔、日本から送られた桜が、大切に育てられ、こうしてアメリカの皆さんにも親しまれていることがとても嬉しい。


時間があれば、たくさんある美術館にも寄りたかったけど、なにせ18時間しか滞在できなかったので、今回は無理だった。あ〜残念。

でも、桜を満喫できたので、それは大満足。
今も目を閉じると、満開の桜を、清々しい風を感じることができる。

ポロンは幼稚園に行ったとき、先生に「ワシントンでさくらをみたんだよ!」と自慢していた。(笑)
ポロンは何しろお花が好きなので、桜を見れたことがうれしかったようだ。
行ってよかったな。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:11| ニューヨーク ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワシントンD.C.でお花見・前編

先週の月曜日、「ワシントンで桜が三分咲きらしいよ」とボブに言ったら、「じゃあ行こう」ということになり、先週の土曜日に1泊2日で行くことが決定!

ボブの先輩は1年で5回も旅行に行かれたらしく、その先輩から「今行かなきゃいつ行くんだ」みたいなことを度々言われているらしいのだ。
そのおかげで旅行に行けて、私はその先輩に大変感謝している。(笑)

今月の土曜日はボブの予定が夕方まで入っているので、夕方5時過ぎのアムトラックでニューヨークを出発。始発じゃなかったから、席を確保するのが大変だった。

そして、ワシントンに着いたのは、8時半頃。
駅には、桜祭りのポスターが↓

P4021381.JPG

私たちは見なかったけど、相撲もやってたみたいね。

駅を出てタクシー待ちをしていると、国会議事堂の向こうに花火が見えた。
粋な演出をありがとう。ワシントンのみなさま!

ワシントンでは、通りに州の名前が付いているのだけれど、泊まったホテルは、偶然にもNEW YORK AVE.沿いだった。
ワシントンに来ててまでも、ニューヨーク!(笑)

寝ている間に1時間時間が早まって、サマータイムが始まった。
1時間早く起きるのは辛い。
それでもポロンは7時(以前は6時)に割と機嫌よく起きてくれた。

ホテルをチェックアウトして、ツアーの申し込みをするため、またユニオン駅へ。
時間があったので、近くの桜の下で記念写真。

P4021386.JPG

向こうに見えるのがユニオン駅。
大きくて立派な駅だ。
駅の周辺はガランとしていて、噴水があったりモニュメントがあったり、木が植えられていたり、贅沢な土地の使い方。
まぁ、首都だしね。アメリカらしいな。

道はニューヨークと変わらないくらいの広さだけど、建物が低いので、空がたくさん見えて、爽快な気分。
マンハッタン暮らしだと、高層の建物の圧迫感が気づかないうちにストレスになっているんだと思う。
それに、ニューヨークに比べると、街全体がすっきりしていてのんびりしている感じで、道路もキレイ。
その替わり、お店が極端に少ない。
ここで生活している人には、車は必需品なんだろうな。


私たちが参加したのは、DCダックスのツアー。

P4021388.JPG

驚くことに、この車は、水陸両用車なのだ!
びっくり!!!
道路では結構なスピードが出るし、水に入ればモーターボート(?)になる。
こんな変わった車を作っちゃうところも、合理的なアメリカらしい。

ホワイトハウスを遠目に眺めたり、美術館や記念碑を通って、ポトマック川に着水。

塔のように見えるのは、ワシントン記念塔。
そして
ピンク色なのは桜。
遊覧船に乗っている気分。
船から桜を眺めるなんて、贅沢だわ〜!

P4021398.JPG

この日は天気は良かったんだけど、風が冷たかった。
しかも車には窓が無くて、車がスピードを出して橋を渡ったときは、ジェットコースターに乗っているかのような凄まじい風!
ポロンが寒いというので、首にタオルをマフラーのように巻きつけてあげたけど、「おウチにかえろうよ!」なんて言っていて、ご機嫌はイマイチ。

ボブと私は楽しかったけど。




後編では、桜の名所タイダル・ベイスン(池?湖?)沿いの桜をご紹介します。




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 05:52| ニューヨーク ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ドーナッツ・プラント

以前NYに住んでいた友達から、「ドーナッツ・プラントのドーナッツがおいしいから是非食べてみて!」と聞いていたので、行ってみました。

「街中のあちこちにお店があるよ」ということだったのですが、どこにあるやら分からないので、とりあえず本店へ。

本店は、ロウアー・イースト・サイドにあります。
初めて行ったのですが、街はずれのちょっとさびれた感じのところでした。
小心者の私は、「ドーナッツを買いに行って犯罪に巻き込まれたら、しゃれにならないよな〜」と思いつつ、大きな通りを選んで歩いて行きました。
道が広くて、さほど建物が高くないので、いつも高い建物に囲まれて生活している私は、肩の荷を降ろした(?)気分。
広い道路にトラックがバンバン通って、排気ガスもすごいのは、東京でいえば、環八って感じかな。


そろそろお店があるはず。

キョロキョロ。

発見!

P3101148.JPG

想像していたよりもずっと小さくて、ひっそり建っているお店でした。
看板が出ているから、やっているんだろうなと思って入っていくと、誰もいない・・・

若いお兄さんが出てきて、奥の方へ一声かけると、恰幅のよいおじさまがやってきました。

オススメを聞いて、ドーナッツを3つ買いました。
全部2ドル。

「東京から来たの?」

と聞かれたので、そうだというと、名詞サイズの紙をくれました。

それを見ると、なんと東京に何店もお店があるらしいのです。
玉川高島屋にお店があることは知っていたのですが、家に帰ってネットで調べたら、
なんと!!10店もありました。
しかも通販でも買えるようです。
興味のある方はどうぞ!

DOUGHNUT PLANT

家に帰ってさっそく食べてみました。
小さい方は、普通のドーナッツ。
大きい方は、ドーナッツというより揚げパン。
その揚げパンに空気がたくさん入っていて、ふわふわとした感じです。
お砂糖がかかって甘そうに見えますが、思ったよりも甘くなくて2個くらいなら食べれそう。
大きくてふわふわで、中にクリームが入ってないタイプがオススメ!!

P3101151.JPG

家の近くでも買えることが分かったので、今度はそこで買ってみようと思います。
でも、あのおじさんがとてもフレンドリーで親切だったから、また会いたいなという気持ちも・・・



P3101150.JPG

昨日は、なんと!24度まで気温があがったんですよ!
風はまだ少し冷たかったのですが、半袖の人もちらほら。
2日前は、真冬のダウンだった私も、長袖カットソーにベストで丁度よかったです。
暖かくなると、冬の間ちじこまっていた体がゆるんでいく感じが、気持ちいいですよねー。

日本では、卒業シーズンだなぁ〜。
ちょっぴり胸がきゅっとして、せつない気持ちになります。
風や空気や陽射しで季節を感じられるって幸せ。
四季があるっていいですね!



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:39| ニューヨーク ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

メトロポリタン美術館

昨日は日曜日。
ポロンが早く起きたので、それにつられてみんな起きてしまいました。
折角早くに起きたのだからどこかに行こう!ということになり、メトロポリタン美術館に行ってきました!


外は、マイナス9度!
防寒具をフル装備していても、外に出ている鼻が痛い!
みんな赤鼻のトナカイさんみたいわーい(嬉しい顔)


P2191041.JPG



美術館につくと、入り口は階段です。
ストローラーのポロンをどうしよう?と思っていると、車椅子やストローラーの人用の入り口があるではありませんか!
そちらから入ると、すいていました。チケット売り場も、クロークも。
ストローラーに乗っている子供のいる皆さんは、迷わずこちらから入ってくださいね。

クロークに防寒具を預けて、身軽になって、いざ見学!


エレベーターで1階にあがると、アフリカ美術の展示でした。
木彫の人形がたくさん展示してあります。

「みんな、木でできてるねー」

ポロンもちゃんと鑑賞しているようです。


そして、エジプト美術の展示へ。
ミイラの収められていた棺とか、ミイラの包まれていた装飾が、たくさん展示されているのには驚きました。
そこは、照明が抑えられていて、暗いんです。
ポロンもストローラーから降りようとせず、幌をしていました。
ポロンは暗いところが、苦手なんですよね〜。
私も以前読んだミイラの作り方を思い出してしまい、ちょっと恐かったです。
ミイラになった方の気持ちとか考えちゃうと、その気持ちが残っているような気がして・・・

エジプトから寄贈されたデンドゥール神殿↓
紀元前15世紀頃のものらしいです。


P2191020.JPG



この広場でポロンは走り回ってました。
美術館でこんなに走っていいのかしら?

そして、ボブの隣に座って、ボブの腕をつかんでニコニコ!
ラブラブ親子なのでした〜ムード
私は、ポロンが大きくなってもボブとデートしちゃうくらい仲良しなのが夢なので、こういうのを見ると嬉しくなっちゃいますハートたち(複数ハート)



ここは、鎧や武器が展示されているコーナー↓
こんな重そうなもの身に付けて、馬にも身につけさせて、早く走れなくて敵にやられちゃうんじゃないかな?なんて考えちゃいました。

中国や日本の鎧や、日本刀なんかも展示されていましたよ。
材質は違うけど、どこの国でも身を守る道具として、同じ様なこと考えてた訳ですね。
比べて見れるとことが、おもしろい!

P2191030.JPG


私がボブに「ヨーロッパ絵画が見たいな」と言っていたら、ポロンが、


「ママは貝殻が見たいの?」わーい(嬉しい顔)



私の大好きなモネ↓
何気ない風景を描いているのに、私の心はいつも鷲掴みされてしまうのです。
何時間でも眺めていたい。
1枚の絵なのに、その中に映画のようなストーリーがあるようなんですよね。

いつかモネの庭にも行ってみたいです。
一昨年、義母が行った時の写真を見せてもらったら、睡蓮の咲いている池とか太鼓橋とかがあって、絵のままの世界でした。


P2191036.JPG



メトロポリタン美術館は、想像と違って、いろいろな国の様々なものが展示してありました。
絵画はもちろん、彫刻、壷、食器、家具、楽器、服、ランプなどなど

日本美術のコーナーもあって、土器、掛け軸、屏風、硯、重箱、着物などなどと、和室も展示してありました。


急いで見ても、全部は見れませんでした〜。
ゆっくり見ていたら、1日じゃとても見切れません。
また行きたいと思います。


家に帰ったら、みんな仲良く昼寝眠い(睡眠)
結構歩いたので疲れちゃったみたいわーい(嬉しい顔)



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 00:31| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

Le Miu

昨夜は、miumiunyさんに教えていただいたお店に行ってきました。


まずは、前菜。
生牡蠣・マグロのタルタル・海老とマッシュポテト。

一口食べて、

おいしい〜。

私の勝手なイメージですが、東京でいうと青山か表参道にあるお店で食べる食事って感じでした。
多分、和食+ちょっとフレンチって感じなんだと思います。

P2060960.JPG



お刺身にも、それぞれソースがかかっていて、おいしかったです。

P2060961.JPG



そして、メイン!!

お料理が運ばれてきて、

あまりのおいしそうな雰囲気に、目を奪われ、




写真は撮り忘れました。

はははっ・・・



ボブは、アヒルのロースト、私はギンダラのパイ包み焼きでした。

ポロンは、NYに来てからから、ほとんどお魚を食べなかったのですが、これとお刺身は食べてました!

お魚の下にひかれたしめじにお魚のうまみがしみこんでいて、なんともいえないおいしさでした。



この後、お寿司と蟹チャーハンを食べましたが、蟹チャーハンは、ポロンが気に入って、パクパクたくさん食べました。

昨日はお昼寝をしなかったので、ちょっと眠かったポロンは、お料理が運ばれてくると自分の席に座り、食べ終わると私の膝の上で休憩という感じでした。



でも、「次にデザートがくるよ」と言ったら、スプーンを握り締めて、厨房の方をじーーと見つめていました。わーい(嬉しい顔)




そしておまちかねのデザート。

P2060963.JPG



ポロンは、何も言わず、黙々とスプーンで口に運び続け、1人でぜ〜んぶ食べちゃいました。
食べすぎですよね〜!。


このお店のお料理は、全ておいしかったです。
こんなにパーフェクトにおいしいお料理を食べたのは、NYに来て初めてかも!というくらい。
それ程、日本人の口にあっていました。
シェフが日本人だからということもあるとは思いますけど、シェフが日本人でもイマイチというお店もあります。

それからウエイターさんが、お仕事はていねいで親切だけど、てきぱきとしていて気持ちよかったし、ポロンが私の膝でまったりしていると、「彼女は眠いのかい?僕も眠いよ」な〜て、ユーモアもあって、心地よく過ごせました。
こういう方がサービスしてくださったので、お料理のおいしさも倍増!

家族3人大満足でした。


miumiunyさん、おいしいお店を教えていただきまして、ありがとうございました!!



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 00:30| ニューヨーク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

Amish Market

最近、お気に入りのスーパーは、Amish Market。
外観も内装もおしゃれなちょっとお高いスーパーです。

P1250910.JPG

ここの良い所は、なんといっても野菜や果物が新鮮!ぴかぴか(新しい)なところ。

例えば・・・
ポロンはブドウが好きなので、よく買うのですが、近所のスーパーで買うと、悪くなっていて半分以上食べれない〜なんてこともあるのです。
でも、こちらで買ったものは、ほぼ全て食べられます。

日本だったらそれが当たり前だと思うのですが、こちらの当たり前はちょっと違うみたい・・・
しかも、ちょっと大粒でお味もGoodなのです。
私は、今まであんまり好きじゃなかったのですが、ここで買ったものは何度も食べたいと思っちゃう。

お値段はちょっと高めだけど、近所のスーパーで買ったものが悪くなっていて食べれないということを考えると、結果的には変わらないんじゃないかと思っちゃう訳です。
ここでも残念ながら新鮮じゃないものもあるので、よく見て買わなくちゃいけませんけどね。

小松菜とかきのこ類もおいてあります。
でもね、しめじが8ドル以上もするんです!!
(1ドル115円として、Taxが4.375%かかるので、1000円近く!)
これはさすがに買えません・・・

今、このお店で気に入っちゃってるのが、このパン↓

P1140881.JPG

皮がパリッとしていて、中はもっちり。
レーズンとクルミがたっぷり入っていて、ナッツ好きの私には、たまらない1品。


そして、入り口の所にはこんなプレート↓が貼ってあります。

P1250911.JPG

「日本食製品あります。」

「日本食製品」ってだけでも、ぷっ!って感じですけど、

それが縦に貼ってあるところが、おちゃめな感じわーい(嬉しい顔)

お店の一角に、お豆腐や、うどん、キューピーマヨネーズ、ポッキーなんかが置いてあります。
これを見て、日本人以外の人が興味を持ってくれて、日本のものをお家で食べてもらえるのは嬉しいなと思います。
日本食レストランに行っても、日本人じゃない人はたくさんいるし、日本酒を飲んでいたり、お刺身を食べていたりはするんですけどね。

デリも併設されているので、そのうち挑戦してみたいと思ってます。
いつも行く時間には、早すぎてまだやっていないもので。

朝8時からやっているので、ポロンを学校に送った帰りに寄れるのも魅力的です。
近所のグリーンマーケットで冬の間野菜が手に入らないので、しばらく通っちゃいそうです。



子育てブログランキングに参加しています。
一時は80位くらいまで落ちましたが、みなさまのおかげで14位になれました。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 05:28| ニューヨーク ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ついに!エンパイア・ステート・ビルの展望台へ!

エンパイア・ステート・ビルに行ってきました!
我が家から歩いていける距離で、よく前は通っていたんですが、展望台まで行ったのは初めてです。
近いといつでも行けると思って、ついつい後回しにしちゃってたんです。
そうこうしているうちに5ヶ月もたってしまいました。
こう考えると、時が過ぎるのは、早いなぁと思います。

まずセキュリティーチェックがあって、チケットを購入!
第一エレベーターで80階まで一気に上がります。

耳がキーン!

そして、第二エレベーターで86階の展望台へ。

オープンデッキに出ると、空気が清々しくて、おいしい!
地面の近くは排気ガスで汚れていても、この高さまでくると空気はきれいなんですねー。

深呼吸〜。


どんなに高いかというと、


下から見ると、こ〜んな感じのクライスラービルが↓

P1110870.JPG

上から見れば、こんな風↓

P1170883.JPG

いつも下から見上げているビル郡が、遥か下に見えるというのは、面白い体験です。
まるでマンハッタンの模型を見ているようでした。


そして、もう1つ実感したのは、マンハッタンは水に囲まれているということ。

地図は、もちろん見ていて頭では分かっていました。
でも、実際にマンハッタンを歩くと、建物が高すぎて、よっぽど河や海のそばに行かないと、それらは見えないんですよね〜。
だから、水に囲まれていると意識する機会が少ないんです。
でも、展望台から見るとそれが、よーく分かるという訳です。


南の方を眺めれば、小さく自由の女神も見れます。↓
写真だとよく分からないかもしれませんが、中央右側の小さな島に立っているのが、自由の女神です。

P1170888.JPG


ボブと私は、念願叶って、大満足で帰宅しました。

ジャケットを脱いでいると、ポロンが、

「こんど、えんぱいあ・すてーと・びる・いこうね!」

「さっき、行ってきた高〜いビルが、エンパイア・ステート・ビルだよ」

と、いくら説明しても、ポロンはピンと来ていない様子。



しまった〜!

行ったときに、ここがエンパイア・ステート・ビルだと教えておくのを忘れた!!



出かける前には、ちゃ〜んと言っておいたんですけどね〜。
行ったときに、ちゃ〜んと教えとかないといけなかったんですね。
今後、どこかに行ったときは、

その場で忘れずに教えます!


ポロン、ごめんね〜。


目エンパイア・ステート・ビルは、NYの超オススメスポットです。
夜は夜景がきれいらしいんですが、昼でもこのように楽しめました。
もしも、時間がたっ〜ぷりあったら、夕暮れ時から夜景まで、の〜んびり眺めてみたいです。


★今日のマイパソコン★
今のところ、写真もイラストもばっちり見れます。
パソコンを見ていただいたところ、昨日それらが見れなかったのは、機能が衰えているからだとしか考えられないと言われてしまいました。
やっぱりね〜もうやだ〜(悲しい顔)
しばらくは、このまま使って、あんまり酷くなったら、買い換えます。
ブログの更新がしばらくなかったら、壊れたと思ってくださいね。

今日はちゃんと写真のUPができたので、嬉しいです!!


子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:50| ニューヨーク ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

忘れていたこと。(バハマの食べ物と海)

雷雷雷今日のスーツケース情報雷雷雷
スーツケース未だ来ず。
ボブの送ってくれたメールに返答なし!
私は、ついに化粧品を購入・・・・・ちっ(怒った顔)


リゾート今日は、バハマの食べ物を紹介しま〜す。

ホテルの近くに昨年夏にオープンしたマリーナビレッジ内にある「BIMINI ROAD」

ここは、バハミアンフードのレストランです。

初めに、バナナチップスが出てきたんですが、これがちっとも甘くなくて軽〜い塩味で、ビールのおつまみに最高!
思わず後をひくお味。
ポロンはおなかがすいていたのか、これをパクパクパクパク。
子どんぶりいっぱい食べちゃいました!

今日のオススメというシーフードプラッター。
コンク貝とお魚のフライ、グリルしたロブスター、バナナのソテーなどが山盛り!

NYでは、新鮮な魚介類ってなかなかお目にかかるのが難しいんです。
ロブスターもそれなりのお店で食べたのに、なんだか泥臭い感じでおいしくなかったなぁ。
でも、ここのロブスターは甘〜くておいしかった〜。
コンク貝は歯ごたえがあってイカみたいな感じ。
これもぜひもう1度食べたいです。

ポロンは、下に敷いてあったフライドライスが気に入ったようで、結構食べてました。

P1010765.JPG

このレストランは、2回行ったけど、何を頼んでもおいしかったです。
目オススメ!


こちらは、ホテル内のアウトドアレストランで食べたコンク貝のサラダ。
細かく切ったトマト、きゅうり、緑色の唐辛子(?)等とコンク貝がドレッシングであえてある。
さっぱりしていておいしかった。
魚介類と同じく、NYでは新鮮な野菜は、普通のスーパーではなかなか買えないんです。
グリーンマーケットでなら手に入りますけど。
一口食べて野菜が新鮮なのが分かりました。
新鮮な野菜を食べると、体の中がきれいになっていくような気がしますよね。

赤い飲み物は、バハマ・ラマというカクテルです。
多分ラムベースだったと思います。
甘いけど、お酒もたっぷり入ってる感じでした。
私は、ビールの方がおいしく感じました。

P1030841.JPG


帰国する日、ちょっと時間があったので、ビーチへ。

P1030859.JPG

この国の海は、最高にキレイ!
港からちょっとのぞけば、透明度が高くて、お魚がたくさん泳いでいるのが見えます。
ブルー・ラグーン島の周辺の海は、エメラルドグリーンでした。
今回ダイビングはしませんでしたが、きっともぐったら素晴らしい景色を見れたんじゃないかと思います。

バハマの自然、これは、世界の宝だと思います。
この豊かな自然が、これから先もずーとこのままで存在し続けることを、祈らずにはいられません。


南の島に来たのは、新婚旅行でマウイに行って以来なので、3年半ぶりでした。

すっかり忘れていたのですが、私は南の島が大好きだったのです。
独身の頃は、あちこち行っていまいした。
もちろん、行ったことは覚えてましたけど、好きだったという気持ちを忘れていました。

結婚して、すぐに妊娠して、ポロンが生まれて、毎日が慌しく過ぎていって、そんなこと思い出しもしなかったんです。

でも、この国に来て、南の国の空気を肌で感じたら思い出しました。


ほのかな潮の香り、風に揺れる椰子、熱帯の植物の香り、

そして照りつける日差し。

私の心の中の引き出しを、そーと開けてくれてありがとう。

また、来ます。


それまで、変わらずにいてください。




子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 08:47| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

マダムに脱帽!(バハマの旅・3日目)

本日のスーツケース情報雷台風

ネットで調べると、1月5日に届けると書いてあるけど、未だ届かず。
もう7日も終わろうとしているんですけど、どういうことなんでしょうかちっ(怒った顔)
ボブに電話をかけてもらっても、同じ内容が自動音声でながれるのみ。
ボブにメールで問い合わせして貰っても、返答なし・・・


リゾート今日は、バハマの旅3日目の様子です。

3日目には、ホテルにある水族館に行きました。
ポロンは、イルカショックからか初めは恐がって水槽から逃げてましたが、抱っこしてみているうちに慣れてきたようです。
水槽の中には、海に沈んだアトランティスの街をイメージしたオブジェがあって、雰囲気を盛り上げていました。

ボブ(初登場!)とポロン↓何を話しているのかな?

P1020827.JPG


マンタやエイの泳ぐ様子を見ていると、思わず自分も水の中にふわりと浮いているような感覚におちいりました。
すーっと、日常から海の世界へと引き込まれていく感覚。
同じような感覚は、絵を見ていても本を読んでいても味わえますよね。
私は、こういう時間が大好きなのです。

「ファインディング・ニモ」の「くまのみ」もいました。
想像したよりも、ずっと小さくてかわいいお魚でした。
ポロンも、この小ささなら、恐さも感じないらしくて、じーっと見ていました。

こちらは、水中トンネル。
見る人が水の中にいる気分を味わうためのものだと思いますが、
私には魚が空を飛んでいるように見えました。
ポロンはここが気に入ったらしくて、2回も行きました。

P1030846.JPG


その後は、プールでの〜んびり。
ポロンは、この浅い所が気にいって随分長い間、座ってました。
たまに、水のかけっこをしたり、蹴っとばしっこをしたり、そして抱っこして深いところにも行きました。

P1030836.JPG

ボブと私は交代でポロンを見ながら、ウォータースライダーも滑ってきました。
一番急なスライダーは、下にストンと落ちていく感じ。
私は、ジェットコースターのような絶叫マシンが、これまた大好きなので、大満足!


ポロンを見ながら、ふとプールサイドを見ると、白いビキニにサングラス、そして白い帽子を被った40歳ぐらいの女性が立っていました。
日焼けして、引き締まったボディ。
まさに、マダ〜ムっていう感じです
素晴らしいわ〜と思いつつ観察していると、マダムには、中学生位の男の子を筆頭に、4人も子供がいるらしい。
お子様たちは、なんとなく感じがマダムに似ているので、マダムが産んだのでしょう。
4人も産んで、このボディ、素晴らしすぎる〜。
しばし、見惚れておりました。

バハマにはアメリカから旅行に来ている人が多いらしいのですが、子供が3人とか4人とかいる人って珍しくないんです。
アメリカの出生率は、2以上なんだそうです。
日本に比べたら、アメリカは、子供を産んで育て易い環境ということですよね。
マンハッタンに暮らしていると、そうは思えませんが、郊外や他の州では、また違っているのでしょうね。

それから、生後3ヶ月位の赤ちゃんもよく見かけます。
子供が生まれても、ライフスタイルは変えないのがアメリカ流ってことでしょうか。


ミル 「明日、おうちに帰るよ〜」

ポロン「日本のおうち?」

ミル 「ううん、NYのおうちだよ」

ポロン「じゃぁ、めんどできる?」


ポロンは、粘土と言おうとすると、めんどになっちゃうんですわーい(嬉しい顔)


ボブ 「ねんね出来るよ」

ポロン「ちがう!!あいうんど

ミル 「ちょっと違うかな〜」

ポロン、はっとして、

ポロン「なにぬんど」

ミル 「それもちょっと違うね〜。ね〜ん〜ど」

ポロン「〜ん〜ど」

「なにぬねの」は言えるんですけどね〜。
どうしても「めんど」になっちゃう

こういう面白い言い間違いは、いつ頃までしてくれるんでしょうね?

ポロンには、いつも楽しませていただいておりますわーい(嬉しい顔)



子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
今日は何位かな?
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 13:32| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

南の国で年を越した!(バハマの旅・大晦日)

待ち荷物来たらず!

スーツケースは、まだ来ません!!

頭に来たので、すっぴんで5th Avenueに行ってきちゃいましたよ!がく〜(落胆した顔)

化粧品はスーツケースの中なんですもん!!プンプン!!ちっ(怒った顔)
昨日、スーパーの帰りに、ドラッグストアーで何か買おうと思ったんですが、ポロンの機嫌が超ナナメ状態で、食糧の調達だけでいっぱいいっぱいだったんです!!

まぁ、私がすっぴんだって、私がちょっと恥ずかしいだけで、道行くニューヨーカーたちは気にも留めていないんですけどね〜。はぁ〜。(溜息)

♪早〜く、来〜い来〜い、スーツケース・・・・・


気分を変えて、バハマの旅のお話です。

私たちが泊まったホテルは、「アトランティス」
紀元前15世紀に、地震と洪水で一夜にして海に沈んだといわれる伝説の古代都市「アトランティス」をイメージしているんだそうです。
プールはもちろんのこと、水族館、ゴルフ場、テニスコート、スパ、カジノまで付いてる大きなホテルです。

P1020828.JPG

1階のロビーの所には、大きなクリスマスツリーが飾ってありました。



よーく見ると、虫や楽器のオーナメントも付いています。

P1030850.JPG

他にも、南国のカラフルな鳥や、果物、お菓子等、私が想像もしていなかったようなオーナメントがいろいろと付いていました。
一言でいえば、NYのクリスマスツリーは正統派、バハマのは個性的って感じでしょうか。
カラフルで、キラキラしていて、見ていると踊りだしちゃいそうなウキウキした気分になります。

かとおもえば、このような、ヒトデと貝を石膏で作ったようなシンプルなものもありました。
このツリーは私のお気に入りです揺れるハート

P1010772.JPG



大晦日の夜は、朝早くに家を出発したこともあり、新年を待たずにみんな眠りに落ちてしまいました。

ドドーン!!

という音で目を覚まし、ふと時計を見ると、11:59!
慌てて窓を開けて外を見ると、打ち上げ花火が上がっていました。

そして、

ファ〜ン!ボ〜!船

という船の汽笛の音が!

近くの部屋の人がバルコニーに出て花火を見ながら、口々に、

「Happy New Year!」

と言っているのが聞こえて来ました。



こうして、我が家は、

紅白のかわりに、打ち上げ花火を見て、

除夜の鐘の代わりに、船の汽笛を聞いて、


新年を迎えました。


たまにはこういう年越しもいいかもしれません。
みのさん司会の紅白が見れなかったのは、ちょっと残念でしたけどね。


朝起きて、ポロン、

「あけまして、おめとうございます!」わーい(嬉しい顔)


元気に新年のご挨拶ができました。

今年も家族みんな元気で、楽しく過ごせたらいいなぁと思います。



子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっております。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 07:21| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

お正月はイルカと握手!(ババマの旅・元旦)

スーツケースは、昨日届きませんでした。
さっきネットで調べたら、やっと空港には着いたらしいので、今日には我が家に届くのではないでしょうか?

スーツケースさ〜ん、待ってるよ〜!

早く洗濯したいよ〜!!


元旦には、ブルー・ラグーン島に、イルカに会いに行きました。
前の夜に、ポロンに「明日はイルカさんに会いに行くよ」と言っておいたので、朝起きるや否や、

「ポロンね〜イルカさんに会うの〜」

よっぽど楽しみにしていたらしく、何度も何度も言っていました。

そのうち、

「ポロンね〜イルカの国に行くんだよ」

ということになっていました。
母は、イルカには会いたいけど、イルカの国には行きたくないよ。
1頭のイルカならかわいいけど、たくさんいたら恐いですよね〜わーい(嬉しい顔)


ホテルから徒歩10分ほどの港から、船で15分位。
私は、必ず船酔いしてしまい、いつもは船から下りるとふらふらなんですが、今回は全く酔いませんでした。
海は穏やかでちっとも揺れなかったんです。
船からは、ステキな別荘らしきおうちがたくさん見えました。
だいたいの家には、クルーザーが停泊できるようになっています。
リッチ〜!

P1020798.JPG

ブルー・ラグーン島に着くと、インストラクターの方からいろいろと説明がありました。

「Happy New Year!」

と始めに言われた時、「あっ、そういえば今日は元旦だった」と思い出しました。
南の島にいると、そんなこと忘れてしまうようですわーい(嬉しい顔)

ポロンは、

「おなかすいたー!おなかすいたー!」

早くもおやつタイム。まだ9時過ぎだよーふらふら


その後、水着に着替えて、海とつながった小さなプールのようなところへ。
インストラクターの合図で、おまちかねのイルカの登場!
手(胸鰭?)を振ったり、クルクル回転したり、ウンウンとうなずいたり、芸達者!!
ポロンも手をたたいて、大喜びです。

そして、最初に記念撮影。
プールの中に入ると、水が冷たい!!
ガタガタ震えてる女の子もいました。
南の島とはいえ、冬には海水の温度は下がるんですね〜。

ついに我が家の番になったのですが、ポロンは、

「おうち帰る〜!おうち帰る〜!
  おうち帰るー!!


大泣きです。
私がポロンを抱っこして、大泣きのまま、カシャ!
ボブは、イルカにキスしてもらってました。
その写真は、スーツケースの中に入ってます。

写真さ〜ん、早くうちに来てね〜。

その後は、イルカとふれあいタイム。
握手したり、ハグしたり、キスしたり、なぜなぜしたり。
ポロンもなぜなぜだけは出来ました。
イルカのボディは、もっと硬いかと思っていたのですが、意外と柔らかくて、滑らかでした。
ポロンもちょっとだけだけど、触れ合えてよかったです。
最後に、何度もジャンプしてくれて、バ〜イバ〜イと手(鰭)を振ってくれました。

私は、子供のようにはしゃいじゃいましたドコモポイント
他の家族を見ても、子供は恐がってちょっと尻込みしていましたが、大人の方がリラックスして楽しんでる感じでした。
私は、動物はあまり好きじゃないのですが、こんなに人に慣れてるんだったら、ペットとして家で飼いたいと思うくらいかわいかったです。


ボブは、インストラクターの人に

miserableだったね〜」

みたいなことをと言われたそうです。
ボブは、「miserableってこういう時も使うんだなー。勉強になったよ。」と言っていました。
思わぬところで、勉強しちゃったらしい。


P1010785.JPG


船を待つちょっとの間も砂遊びをするポロン。
ポロンは砂遊びが大好きなんですが、マンハッタンの近所の公園には、砂場がないんです。
なので、砂を見つけると、

「お砂〜お砂〜お砂で遊びたいのー!」

と、大騒ぎ!

P1020794.JPG


次の日の朝

「ポロンね〜、イルカが大きかったから恐かったんだよ〜。もっと、ちっちゃかったらよかったのに〜」

と言っていました。

私は、水の冷たいとか水が恐いとか、そういう方がイヤだったのかな?と思っていたのですが、イルカの大きさが恐かったのですね。
ポロンの身長は90センチ位。
まだ大人の半分ぐらいの身長しかないので、イルカは巨大に見えたんでしょうね〜。


それにしても、イルカの芸の多さ、人に慣れていることには驚きました!
子供がもっと大きくなれば、イルカと一緒に海で泳げるプランもあるようです。

バハマ・ナッソーの超オススメスポットです目


子育てブログランキングに参加しています。
みなさまの応援がブログを続ける励みになっています。
いつも応援ありがとうございま〜す。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:19| ニューヨーク 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

行きはよいよい、帰りは恐い!

大晦日の日、小雪舞うJ.F.ケネディ国際空港から、家族3人、小型(?)の飛行機で飛び立ちました。
この飛行機は、左右2列で観光バス2台分位の長さ。
空いていてガラガラで、スチワーデスさんが、「お好きな席にどうぞ」
こんな全席自由席みたいな飛行機に乗ったのは、久しぶりです。

飛ぶこと3時間飛行機

P1010755.JPG

飛行機のタラップを降りると、太陽がまぶしい晴れ
懐かしい夏の日差し!

入国審査のフロアに足を踏み入れると、カリビアンのおじさま3人による楽しげな生演奏がお出迎え。
窓の外には、椰子の木がそよいでるリゾート

そして、ババマに入国!


ババマでの楽しい4日間を過ごして、昨日帰国しました!
バハマでの出来事は、後日UPします。


ひとまず昨日1月3日の出来事をどうぞ!


ホテルをチェックアウトして、タクシーでバハマのナッソー空港に着くと、外まで続く長〜い列。

ひえー!!!

バハマは、フロリダの少し南にあってアメリカに近いため、日本からグアムに行くようなものなんでしょうね。
アメリカに帰る人が大部分だったのではないかと思います。
アメリカの会社は2日か3日から始まるらしいので、1日2日はもっと空港が混んでいたらしいです。
ボブの会社も3日からだったのですが、1日有休をとって今回の旅行に望みました。

やっとチェックインしたぞーと思っても、さらに長〜いセキュリティーチェックの列。

のどか沸いたな〜と思って自動販売機に行くと、めぼしい飲み物は売り切れ!
仕方なくココナッツ味の飲み物を飲むと、中途半端に甘〜い。
ふと見れば、私たちの前に並んでいる人も、その前に並んでいる人も、苦笑いをしながら飲んでいた。
そう、思わず笑っちゃうお味なのです。

ナッソーの空港でアメリカの入国審査までやっちゃうんですね。
だから、余計時間がかかったのかも。
ふと時計を見ると1時半近く。
2時間以上かかった〜。

でも、それは待つ1日の序盤に過ぎなかったのです。

ナッソー空港では、ポロンはほとんどお昼寝。
なんで親孝行な娘なんでしょう揺れるハート

そして、また行きと同じ観光バス2台分の飛行機に乗り込むと、満員!
そして、待てども待てども、なかなか離陸せず・・・
1時間遅れでやっと出発です飛行機
飛行機の中でも、ポロンは無難にこなし、NYへ帰ってきました。

そして、荷物を待つこと1時間。

「ねぇ、ボブ。私たちの荷物、本当にここにあるの?」
「そりゃ〜どこかにあるだろう」
「でも、どっか違うとこにいちゃってるってことない?」
「そうだな〜」

と言いつつ、ボブは、荷物のサービスカウンターの所へ。
私は、そのサービスカウンターの所が妙に混んでいるのが気になっていたのです。

そして、私の悪〜い予感は見事的中!

私たちの荷物は、行方知れずになってました〜!

あははは〜(思わず疲れた笑い)がく〜(落胆した顔)

私は、海外で荷物を預けて飛行機に乗ったことは40回位あると思いますが、こんなの初めてです。
いつかこんなことになるのではないかと思っていましたが、ついにやられちゃいました。
行きじゃなくて帰りだったし、ダウンを荷物から出していたのが、不幸中の幸いでした。
まぁ、ツイテルと思っときましょう。

そして、ボブは「これから、手続きしてくるけど、たくさん人が待ってるし、いつになるか分からないから、先に帰ってて」と言い残して、さっさとカウンターの所へ戻ってしまったのです。

「えぇ〜、女子供で、夜にタクシー乗って大丈夫なの?ここNYだよ!」

と、心の中で思いつつ、心細い気持ちでタクシーに乗り込みました車(セダン)


何事もなく無事帰ってこれましたよ〜。ほぉ〜。
行きは7時間位で着いたと思いますが、帰りはバハマのホテルをチェックアウトしてから10時間かかりました。
「行きはよいよい、帰りは恐い」とは、まさに今回の旅のようなことをいうのではないでしょうか?

まもなくボブも帰宅。
お疲れさまでした〜。


ボブいわく、同じ飛行機に乗っていた人30分位の荷物がなくなっちゃったらしい。
今日、家まで届けてくれるらしいけど、本当に届くのか???
デルタ航空のみなさん、よろしくお願いしますよっ!!

バハマは、毎日いいお天気で気温が25度位であまり暑すぎず快適でした。
今朝のNYは、バハマと同じで晴れているけど、氷点下。
我が家にも本格的な冬がやってきたようです。


遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくおねがいします。
クリスマスカードや年賀状を送ってくださったみなさま、ありがとうございました。
エアメールの数々とても嬉しかったです!

そして、私は今年もブログを続けて行きたいと思っています。
みなさま、応援よろしくお願いしま〜す。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 00:07| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

公園にも冬がやってきた。

今日は、幼稚園のない日なので、ポロンと近所の公園へ行ってきました。
多分気温は10度位はあったし、そんなに寒くないと思ったのですが、ポロンも含め子供は3人しかいませんでした。
しかも、2人ともまだ歩けないBabyちゃんたちでした。


ヒューーーーー(北風)


木々もすっかり葉が落ちてしまい、寂しい雰囲気を盛り上げていました。

PC020654.JPG

暖かい頃は、40〜50人位の子供たちが、元気に遊んでいたんですよ。
その頃の公園を知っているので、余計寂しく感じました。
ポロンも他に遊んでいる子がいないので、イマイチ元気がありません。
幼稚園に行くようになってから、遊ぶ時は、ママと2人だけよりも、お友達と一緒の方が楽しく感じているようです。
少し年上のお友達に、一緒に遊んで貰うのも大好きです。

落ち葉に小枝のローソクをたててケーキを作ってみました。

召し上がれ!

PC020656.JPG

始めは寒くないと思ったのですが、1時間もいたら寒くなってきました。
持ってきた温かいお茶を飲みたくなったので、ベンチに座ると、


よ〜く、冷えてました。


ベンチは木製なんですが、木も冷たくなるんですね〜。


ポロンをストローラーに乗せて帰ろうとした頃に、ポロンくらいの年の子供たちが、5,6人やってきました。
今日は風があまりなかったからよかったですけど、これで風が吹いたら寒くてもう遊べません。
いつまで遊べるのかなぁ〜。


子供の遊んでいない公園というのは、寂しいものですね。



みなさん応援ありがとうございます。
クリックよろしくお願いします。
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 06:44| ニューヨーク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

巨大迷路に挑戦?

昨日は、朝は霧がすごかったんですが、昼ぐらいには晴れて、20度くらいまで気温があがり、気持のよい日でした。

久しぶりにセントラルパークに行ってみました。
紅葉がキレイでしたよ。
赤く紅葉しているものはあんまりなくて、ほとんどが黄色かったです。

始めは、子供動物園へ。
豚、やぎ、羊などがいて、餌をあげられるようになっています。
えさはほんの少しで50セントでした。
早速買って、ポロンに持たせたのですが、怖がってあげようとはしませんでした。
確かに、羊とかやぎは結構背が高くて、私も餌をあげるのはちょっと・・・と思ってしまうくらいだったので、ポロンが怖がるの気持ちも良く分かりました。

うさぎを見ていると、隣にいた家族が、「Rabbit!Rabbit!」と連呼していました。
すると、ポロンが
「うさぎのこと、ラビッチュっていうんだよ。」
と私に教えてくれました。(笑)
生学習って感じでいいですね。
今朝、聞いたらもう忘れてましたけどね。

水槽のなまずを見ると、
「パパみたいに、おひげが生えてるねぇー。」
なかなかおもしろいです。

写真は、くもの巣型のトランポリンみたいな遊具です。
ピンクの上着を着ているのがポロン。
ゆらゆら揺れるのがちょっと怖いみたいで、終始緊張して乗ってました。
PB070541.JPG

池の亀が、日向で並んで甲羅干しをしているのが、ユーモラスでのどかな感じでよかったです。

次に、メリーゴーランドに行こうと思って、子供動物園を出ると、なにやら人だかりができていました。
急いで行くと、ニューヨークシティマラソンのランナー達が走っているではありませんか。
私たちも、沿道の人たちの真似をして「ヒュー!ヒュー!」なんて言って応援しました。
ポロンも手をたたいて応援していました。

と、ここまでは良かったのですが、マラソンを開催しているので、行きたかった道が通れなくなっていました。
仕方なく戻り、風船売りのおじさんにメリーゴーランドへの道を聞きました。
ポロンは「マラソンする〜」なんて言いいながら、走っていていい調子です。

私は、その聞いた道はメリーゴーランドから遠ざかって行くような気がしました。
ボブは聞いた道を行くと主張し、軽いケンカです。
結局、聞いた道を進むことにしましたが、しばらく行って、また違う人に聞くと、聞いた道を来たつもりが間違っていたことが判明。
またしても、戻りました。

ポロンは疲れてしまい、
「抱っこー。」
「じゃあ、ベビーカーに乗ろうよ。」
「ベビーカー乗らない。抱っこ!抱っこ!」
しばらく抱っこして、菊の花壇のところで、おやつを食べたり写真を撮ったりして気分転換して、なんとかストローラーに乗せました。(汗;)

やっと、目指すトンネルを抜けたものの、その先はどうしたらいいのか?
パークの警備員のような人に聞こうと思ったら、同じように道を聞こうという人が群がっていました。
みんな迷ってるんです。

途中売店のようなところでも道を聞きました。
パークの模型と外に地図がありましたが、無料のパークの地図はないそうです。

もといたところから大きく迂回して、やっとメリーゴーランドに着きました。

このメリーゴーランドは、かなり古めかしい。
それはいいんですけど、冬の雪を防ぐためか小屋の中にあって薄暗い。
かつ、スピードが速くて時間が長いんです。

ボブとポロンの2人で乗ったのですが、ボブは目が回ったと言っていました。
ポロンは、ディズニーワールドのに乗った時のような笑顔がなく、顔がひきつり気味でした。
すくいは、1人1ドル50セントで安かったこと。
こんなに苦労して探したのに、ちょっとがっかりでした。

疲れたので帰ろうとしたのですが、1番近いパークの出口が、家から遠い出口で、まぁそれでもいいかと出たものの、マラソンのゴールに近かったので、走り終わった人、それを待っている人、応援に来た人で、ごったがえしていました。
タクシーもつかまらず、結局家まで4キロ位歩きました。
その前に散々歩いていたので、疲れましたーーーーー。
ポロンはストローラーで寝てました。

セントラルパークは、まさに巨大迷路!
それなのに、案内板が少なすぎる!!
あんなに広くて入り組んでいるのですから、たくさん案内板を作ってほしいです!!!

まぁ、紅葉は見れたし、マラソンの応援もできたし、いい運動にもなったし、結構楽しかったんですけどね。







posted by ミル at 00:21| ニューヨーク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

婦人会

先日、ボブの会社の婦人会がありました。
行くまでは、すごーーーく気が重かったんです。
会社の婦人会なんて、なんだが堅苦しそうで、考えるだけでも疲れてしまいますよね。
あぁ〜やだな〜〜という気持のまま、子連れでもいいということなのでポロンと一緒に行ってきました。

会場はNY郊外のゴルフ場のクラブハウス。
グランドセントラルの駅から40分程かかりました。

駅につくと空気がすがすがしくて、紅葉がとてもきれいでした。
思いっきり深呼吸しちゃいました。
澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んだら、やだな〜という気持ちがすーとひいていきました。

こういう空気の良いところに行くと、今住んでいる所の空気は汚れてるんだな〜と思います。
日本から来てしばらくは、空気が汚いと思っていたのですが、最近はあまり感じなくなってきました。
慣れって、ある意味恐ろしいですね。
交通量もすごいし、渋滞もよくしているので、排気ガスがすごいんですよね。

会場についてみなさんと話をすると、きさくな人が多かったです。
私のように来たばかりという人もいれば、アメリカ国内を転々として6年という人や、2回目という人もいました。
体験談を出席者が1つずつ話したのですが、スリにあったり、ご主人の出張中に車をぶつけたり、家の鍵をいれたまま車をロックしてしまい学校にはしごを借りに行って2階から家に入ったりと、苦労話のオンパレードでした。

だからなんでしょうか。
アメリカ生活の長い人は、みんなたくましいんです。
そして、心が広い。
小学生以上のお子さんのいる人が多かったので、ポロンにもやさしくしてくれました。
それに、この会をみなさんとても楽しんでいました。
不思議なことに、初めて会った人とでも、話が弾んじゃうんですよね。
きっと、同じような苦労をしているからでしょうね。

社長の奥様は、とてもやさしくておおらかで、気配りが出来て、でも芯のしっかりした素晴らしい方でした。
これまでに3回アメリカで生活をされていて、初めて来た時は一番下のお子さんが2ヶ月だったそうです。
当時は、今よりもさらに苦労が多かったのではないかと思います。
ですから、婦人会に来ているみんなの気持をよく分かってくださいます。
手作りのローストポークをご馳走してくださり、レシピまでいただいてしまいました。
お塩とお砂糖と豚肉だけでできるので、今度作ってみようと思います。

みなさんの話は参考になったし、とても楽しかったです。
ポロンが一緒だったため、ゆっくり話が出来なかったのが残念なくらいでした。
思いきって行ってよかったです。




posted by ミル at 03:55| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ウォルト・ディズニー・ワールド(オーランド)

ボブのお休みが取れたので、3泊4日でオーランドのディズニーワールドに行ってきました。
出発の日、NYは冷たい雨が降っていましたが、オーランドに着いたら、晴れているに違いないと思っていました。
でも、雨でした〜。
オーランドは10月まで雨季なんだそうです。
知りませんでした・・・・・

でも、翌日からはよく晴れて、夏そのものでした。
NYは、もう秋っていう感じだったので、夏の暑さが懐かしかったです。

ポロンが1番喜んだのは、ミッキーやミニーに会えたこと。
マジックキングダムとアニマルキングダムに行ったのですが、その両方で会えました。
東京ディズニーランドだったら、何十分も待たないと一緒に写真をとれないので、あきらめていました。
でも、今回は最短1分。
待っても15分位でした。

ミッキーやミニー、グーフィー達に、握手して貰ったり、ハグしてもらったり、ポロンは嬉しそうでした。

PA150470.JPG

「ミッキーのフィルハーマジック」では、迫力ある3Dの映像に、ポロンは、目も口もまんまる。
映画も面白かったし、そんなポロンの驚いている姿も面白くて、2倍楽しめた感じです。

ポロンは、ジェットコースターも初体験!
「グーフィーのワイズエーカーズ・コースタ−」は身長89cm以上で乗れるので、ポロンはギリギリでした。
ポロンに乗るかどうか聞いたら、
「乗ったら、わーって言うんだよね!」
と乗る気満々。
降りてからも、楽しかったと言っていました。

ホテルは、アニマルキングダム・ロッジに泊まりました。
部屋から、キリンやシマウマが見れるので、部屋にいても退屈しません。
子供連れには、オススメです。

NYに帰ってきた日の夜は、日本食レストランへ行きました。
オーランドでは、食事といえば、ピザやポテトなどのアメリカンなものか、ホテルのアフリカ料理。
和食が食べたくて食べたくて、たまらなくなりました。
ポロンはうどんやおにぎりを、大人ぐらいの量食べてました。
私も大満足!
やっぱり和食は最高!

考えてみると、家族で3泊の旅行をしたのは、初めてでした。
ちょっと疲れたけど、楽しかったです。
ポロンも、また行きたいと言っているので、楽しかったんだと思います。

3泊分の洗濯物は凄かったですけどね。






posted by ミル at 03:05| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

アメリカ自然史博物館

PA100417.JPG

今日は、雨が降って肌寒かったので、アメリカ自然史博物館へ行ってみました。
お天気のせいもあると思いますが、子供たちがたくさん来ていました。
入館の時には、手荷物検査と、飛行機に乗る時にもくぐる金属探知機(?)もくぐって、警備が厳重でした。

写真は、2階にあるアフリカ象の群れの中の1頭です。
リアル〜。
写真が縦に出来なかったので、ちょっと見づらいですが、お許しを。
(どなたか縦にする術をご存知でしたら、ぜひ教えてください。)

恐竜やマンモスの化石の複製とか、シロナガスクジラとか、ジャイアントセコイアとか、巨大なものがたくさん展示されていて、迫力満点!!
しばし、日常を忘れて、見入ってしまいました。

ポロンが楽しく見学できるかどうか心配だったのですが、
「これは恐竜の化石だよ。大きいね。」と教えると、
「恐竜かぁ〜。大きいねぇ〜。」
なんて言って、それなりに楽しんでいたようです。
恐竜の進化の短い映画は、じっーと見ていました。
ポロンが、小学生になったら、きっともっと楽しめるのではないかと思います。
随分先の話ですけど。

その頃には、テロとは無縁の世の中になってるといいなと思います。





posted by ミル at 14:13| ニューヨーク 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 行ってみました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。