2006年08月31日

ありがとうございました!

みなさま、ご無沙汰いたしております。

お祝いのコメントをたくさんいただきまして、ありがとうございました。
私は、とても幸せ者です。

7月に無事帰国し、渡米前と同じ家に住んでいます。

お腹のBabyちゃんは、7ヶ月に入りました。
とっても元気で、毎日私のお腹の中をぐるぐる回りながら、キックしています。
どうやらBoyのようです。

ポロンは、近所の幼稚園に空きがなかったので2年保育で入園することにして、英語のプリスクールに通うことになりました。
1日中ポロンの相手をする体力が私にないし、ポロンはNYの幼稚園が大好きだったので、継続してどこかに通わせたかったためです。
先週から通っているのですが、まだ環境になじめず朝は泣きながら通っています。
ポロンが「楽しい!」と思える日が早くくるといいな。

それからポロンはバレエも習い始めました。
以前から踊ったり歌ったりが好きだったので、何かやらせたかったんです。
こちらは、毎日でも行きたいくらい好きみたい。
以前にも増して、家でよく自己流ダンスを披露してくれてます。(笑)

ボブはというと、渡米前の部署からは異動になり、やや仕事がラクになったらしいです。
でも、帰りは遅いし、出張もあるし、お休みの日はゴルフに行っちゃうし、Babyちゃんが生まれてもポロンの時と同様、私が孤軍奮闘することになりそうです。

私はというと、疲れたり暑い日は、軽い悪阻のような症状がでるものの、かなり元気です。
お腹がずいぶん大きくなってきたので、腰痛になってきちゃいました。
マメにヨガやストレッチをして、これ以上ひどくならないようにしたいと思ってます。
12月に出産の予定です。
Babyちゃんが生まれると慌しくなりそうなので、のんびりできるのもあと3ヶ月かな?
とは言っても、船便で届いた荷物の整理とか、近所の幼稚園のいくつかに見学に行ったり運動会を見に行ったりして11月に入園のための面接もあるし、出産準備品を揃えたりと、結構いろいろやることがあります。
あっという間に12月になっちゃいそうだなぁ〜。


こうして渡米前と同じ家で生活をしていると、NYでの生活はまるで現実感がなくて、まるで夢の中の出来事であったかのようにも思えます。

いろいろ大変だと思ったこともありましたが、少し自分の許容量が増え、また、少したくましくなれたような気もしています。


まだまだ残暑が厳しそうですが、みなさま、どうかお元気で!

本当にありがとうございました。


ミル
posted by ミル at 12:10| ニューヨーク ☁| Comment(9) | TrackBack(2) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

赤ちゃん

ポロンは、お花の蕾のことを、「お花の赤ちゃん」と言っている。


この間まで、「お花の赤ちゃん」だったお花たちが咲き出した。
派手さはないけれど、小さくて素朴なかわいらしい花だ。

P3161162.JPG


ポロンの言葉を借りるならば、こちらは「はっぱの赤ちゃん」
やわらかそうな瑞々しいはっぱたち。

P3131154.JPG


そして、

人間の赤ちゃん。

ポロン0歳の頃。

コピー~1.JPG


今のポロンは、まるで春先の植物のようだ。

蕾は膨らみつつあるけれど、まだ固く、どんなお花が咲くのかは分からない。

はっぱは出るのか、どんな実がなるのか、そんなことはまだまだ予想もできない。


私は、せっせと水をやり、肥料を与え、じっとその成長を見守る。



そして、見守りながら考える。



どんな色のお花が咲くのだろう。
一厘なのかな、それとも、たくさん咲くのかな?
小さいのかな、それとも大輪?



見守ることが楽しい日々。



ポロンは、3月20日で3歳になる。






子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 06:34| ニューヨーク ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

伝える

ボブは、料理ができない。
そして、するつもりもない。
「食べる」オンリーな人だ。

でも、食べる人の礼儀は、心得ている。

おいしい時は、「うまい!」と言ってくれる。
ちょっと失敗してしまった時も、文句も言わず食べてくれる。
残さずに全部食べてくれる。


ポロンにも

「ママの作ってくれたお料理はおいしいね」

「みんなで食べるとおいしいね」

と話し掛けながら食べている。


だから、

ポロンは私と2人で食事をしている時も、

「ママのちゅくってくれた おりょうり おいしい!」

と言ってくれるし、

幼稚園のお弁当の時間にも、

「ママのちゅくってくれた おべんとう さいこう!」

と言ってくれているらしい。


お料理を作った人にとって、「おいしい!」という言葉は、最高の賛辞だと思う。

そして、お料理が得意というわけではない私は、もうちょっと工夫しておいしいものを作ってみよう!と、やる気もでてくる。

こうして私の作ったものを、おいしいと言って食べてくれる家族がいるということは、幸せだ。

そして、とても有り難いと思う。



ふと、思った。

私は、母の手料理をおいしいと思った時、ちゃんと口に出して言っていたかな?

今からでも遅くない。

今度手料理をご馳走になったら、忘れずに言おうと思う。


母の手料理が食べられる夏が、待ち遠しい。





P3141156.JPG

↑ビルの谷間にも、ふわふわ雲




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 14:29| ニューヨーク ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

謎が解けた!

ここ10数年、ずっと疑問に思っていたことがある。

それは、


「なぜ、子供の時間はゆっくり過ぎるのに、

大人の時間は瞬く間に過ぎてゆくのだろう」



ということ。


小学生の頃は、夏休みがものすごく長く感じられた。

それなのに、大人になって働らいていた20代は瞬く間に過ぎていった気がする。
今年だって、年が明けたと思ったら、もう2月が終わろうとしている。
1年の6分の1が終わってしまう・・・・早い。

NYに来た頃は、1日1日が過ぎていくのが遅かった。
やっと3日過ぎた、やっと1週間すぎた、やっと1ヶ月過ぎた、という感じだった。

なのに、年が明けたら、日本にいた頃と同じように、すいている高速道路を走るかのように1週間が過ぎていく。


これは、私がNYの生活に慣れたからだと思う。


つまり、


大人になって時の流れが速く感じられるようになったのは、


生きることに慣れたからなのだろう。


同じ道も初めて歩く時は、とても遠く感じるのに、通いなれると近く感じるのは、その道を歩くことに慣れたため。

ポロンが生まれてしばらくは、慣れない育児に1日1日が長くて、ポロンの成長が遅く感じられたけれど、いつの間にかもうすぐ3歳。
私がポロンとの生活に慣れたため。


慣れるということは、いいことではあると思う。
滞りなく毎日が過ぎていくということだから。

でも、すごいスピードで過ぎていく毎日を、もう少しゆっくりと感じたいと思うときもある。

そんな時は、慣れていないこと、つまり、いつもとちょっと違うことをしてみればいいのだろう。


今日は、同じビルに住んでいるボブの会社の方と、チャイナタウンに飲茶をしに行く予定。
この方とは、今まで挨拶しかしたことがなく、お食事に行くのは初めて!
チャイナタウンに飲茶をしに行くのも初めて!

今日は朝からワクワクなのだ。

そして、その時間が早く来ないかな〜と思っているので、時が過ぎるのがいつもより少し遅く感じる。


ちょっと大げさかもしれないけれど、

時の流れをゆっくり感じられるような機会をたくさん作ることが、

人生の楽しむ秘訣なのかもしれないと思う。



P2161001.JPG

グランドセントラルの時計↑
正確に時を刻みながら、私たちを見守ってくれている。




子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 23:06| ニューヨーク ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ちょうどいい距離

ポロンがうまれてからは、ポロンの写真ばかり撮っていた。

かわいくて撮らずにはいられなかったのだ。



NYに、来てからは建物の写真も撮るようになった。

写真はもちろん習ったことなどなく、素人なのだけど、

私なりにいろいろ撮った結果、

建物は、正面から撮るよりも、近寄って斜めから撮った方が、

立体的で、かっこよく撮れることに気がついた。



例えば、正面から撮った時の、NY市立図書館は、こんな感じ↓

P2070966.JPG




そして、ぐっと近寄って、斜めから撮るとこんな感じ↓

P2070969.JPG



これが、NY市立図書館と今の私との「ちょうどいい距離」のようだ。



人と人とも同じで、

友達同士、夫婦、親子、そして自分との距離も、

ちょうどいい距離があるように思う。

遠すぎず、近づき過ぎず。



そして、それは、

それぞれの変化に伴い、変わっていく。



ポロンとは、今も随分近くにいるような気がするけど、

赤ちゃんの頃に比べたら、離れてきている。



そして、これからも

ポロンの成長に伴い、

少しづつ離れていくのだろう。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
    ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:01| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

鐘の音

NYには、いろいろな国の人が住んでいて、信仰する宗教も様々だ。

だから、教会をよく見かける。

ゴシック様式の立派な教会もあれば、こじんまりとしたものもあれば、ビルのようなものもあって、これもまた様々だ。


近所にある教会の前を普段何気なく通っていたけれど、

よく見ると、

Armenian Cathedrale と書いてあった。

カテドラルというのは、キリスト教で、司教の座席(カテドラ)が設けてある聖堂のことだそうだ。

P1290924.JPG

Armenianと書いてあるからには、アルメニアの国の人たちのためのカテドラルなのではないかと思い、地図帳で調べてみた。

アルメニアは、トルコとイラクに隣接した小さな国だ。

人口は、約380万人。
NY市の人口が約850万人なので、その半分にも満たない。

でも、こんな立派なカテドラルがあるのだから、きっと移民してきている人が多いのだろう。

このカテドラルでは、朝9時から夜9時まで、3時間ごとに鐘が鳴る。

カランカランと鳴るのではなくて、曲になっているのだ。


今までに聞いたことはないけれど、どこか懐かしい感じのする曲だ。

耳をすまして聞いていると、心が落ち着ついてくる。

そして、自分の心の世界にゆっくりと入っていくような感覚におちいる。

ここがNYとか、そういうこととは関係ない、別の世界だ。

私は、瞑想というのはしたことがないけど、その感じと似ているのではないかと思う。

10分程の曲を聴き終えると、夢から覚めたような感じだ。


もしかしたら、この曲はアルメニアではポピュラーなのかもしれない。

何かの曲を聞いたことをきっかけに、心の扉がパタパタと勢いよく開き、昔のことを、昨日のことのように色鮮やかに思い出すことがある。

アルメニアを故郷にする人は、この曲を聞いて、故郷のことを思い出しているのかもしれない。


私もやがてこの地を去ることになる。

いつかこの鐘の音を聞いたら、今のこの生活を懐かしく思い出すのだろう。


今も鐘が鳴っている。





子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 02:09| ニューヨーク 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

朝の出来事

今日は、幼稚園の日で、いつものようにバスで通園。

ポロンは、朝起きてから、バスに乗るまですこぶるご機嫌だったのに、

バスに乗っているうちに、だんだん機嫌が悪くなってきた。


これはいつものことだ。

バスの中は暖かいので、それが眠気を誘い、ちょっとだるくなってしまうのが原因だと思う。

私は、またか〜と思い、ちょっと憂鬱な気分。


バスを降りて、ポロンを抱っこして信号待ちをしている時、

ふと空を見上げると、

冬らしい水色の空に、白い雲が浮かんでいた。

P1250914.JPG

「ポロン、見て。お空にふわふわの雲が浮かんでいて、なんだかおいしそうだよ!」

ポロンが、空を見ると、

ぱっと表情が明るくなって、

「う〜ん。おいしそうだね〜」


横断歩道を渡ったところで、

「ポロン、ここから歩いていけるかな?」

と言ってみた。

すると、

ポロンは私の腕から降りて、

「リュックもする!」

私が持っていた自分のリュックを背負って、元気に歩き始めた。


通りすがりのおばさまが、そんなポロンを見て、目を細めている。

私は、ポロンとしっかり手をつないで歩きながら、ちょっぴり誇らしい気分だった。


ちょっとしたことで、こんなにも素敵な気分になれる。

いつも心にゆとりを持って生活したいなぁと、改めて思った朝だった。



子育てブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございま〜す!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング
posted by ミル at 01:03| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

アンパンマンワールドと似ている

NYには、日本のTV番組を録画して貸してくれるありがた〜いレンタルビデオやさんがあります。
ドラマ、バラエティー、アニメなどいろいろあって、だいたい日本で放映されてから2週間遅れくらいで見れます。
もちろん邦画のレンタルもしてます。
我が家では、ポロンが「アンパンマンと結婚するハートたち(複数ハート)」と言っているくらいのアンパンマン好きなため、毎週借りてしまっています。
アンパンマンは4週間分入っていて、1週間レンタルだと5ドルです。
ポロンが夢中で見ているアンパンマンを、私もぼ〜〜と見ていました。

そして、気付きました。
アンパンマンワールドは、NYと似ている!

アンパンマンワールドの人たち(人じゃないかも?)は、
アンパンマンなどのパン系、
どんぶりマントリオなどの料理系、
オクラちゃんなどの野菜系、
カレンなどの昆虫系、
ホラーマンなどのおばけ系などなど・・・
個性的なキャラクター達によって構成されています。

NYは、
イギリス系、
ユダヤ系、
アイルランド系、
イタリア系、
中国系、
アフリカ系、
ヒスパニック系、などなど・・・
これまた、肌の色も髪の色も目の色も様々、体形も日本に比べたらバラエティにとんだ方々で構成されています。
なんでも、この街には、100を超える民族が暮らし、120種類以上の言語が話されているんだそうです。

そんなところが似ていると思いました。

ふと、信号待ちの人たちを見れば、
ビシッとスーツを着ているサラリーマン、
トレーニングウエアに身を包んだウォーキング中のカップル、
カメラや地図を持った観光客、
ストローラーを押している女性、
民族衣装を着ている人などなど、
これまた、いろんな人たちがいます。

でも、どんな人でもこの街にはなじんでいるように見えるのです。

日本にいる頃は、どこかに出かける時、「派手すぎず地味すぎず」な〜んてことをよく考えていた私ですが、NYに来てからは、自分の気に入ったものを好きなように着ればいいんだと思えるようになりました。
そういう部分では、縛られていないというか、心が開放されていて心地よいです。

こちらに来てから、「NYが好きで住んでます」という人に何人も会いました。
初めは、その気持ちがよく分からなかったのですが、今はちょっと分かる気がしています。


ポロンの目には、NYはどう映っているんでしょうか?

ボブは、よくポロンに質問しています。

「NYと東京どっちが好き?」

「にゅうようく」

ポロンはいつもこう答えてます。
質問の本当の意味はわかってないかもしれないけど、今この場所が気に入っている、少なくとも嫌いではないらしいので、ほっとしています。

PC290741.JPG

我が家の北側の窓から見た風景。
ポロンはよくこうやって外を眺めてます。
ちなみに、この窓は嵌め殺しの2重ガラスの窓なので、絶対落ちません。念のため。わーい(嬉しい顔)


今日のおまけプレゼント

ポロンの新車買っちゃいました!
chiccoのもので、49ドルです。ナイスプライス!

PC290743.JPG

今までのは、背もたれから頭が半分以上出ちゃってたし、シートの幅も窮屈そうだったけど、それは見事に解消。
ゆったりシートで乗り心地よさそうです。
それに、ハンドルの位置も高くなって、しかも押し心地が軽〜い。
オレンジ色の方が良かったんですが、品切れで、ブルーになっちゃったのが、ちょっと残念。
まぁ、ブルーの方が汚れが目立たなそうなので、よしとしましょう。


アンパンマンに詳しくなりたい方はこちらをどうぞ!
もちろん我が家にもあります。
夜寝る前に、ポロンに「読んで〜」と言われた時は、10〜20ページとばしで読んでますひらめき




子育てブログランキングに参加しています。
登録した時は、380位だったのに、みなさんの応援のおかげで今日も7位!
いつも応援ありがとうございます!
   ↓↓↓↓↓
子育てブログランキング

人気blogランキングへ
posted by ミル at 13:00| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

aiko

偶然、aikoのプロモーションビデオを見た。
本当に歌うことが好きなんだなーというのが、ストレートに伝わってきた。
そういう人の歌って、聞いててとても心地よい。

私も、読んでくれた人が、心地よく思ってくれるような文章を書けるようになりたい。
posted by ミル at 14:08| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。